最終兵器彼女のヒロイン「ちせ」に感情移入しすぎちゃった話と、結末(最終回)が何とも言えない話、、、(ネタバレ注意)

先日、会社も休みで予定も無し、安定の、暇を持て余した休日だったので、その日は1日アニメを見ることにしました。

「何を見ようか・・・」

特に、前々から見たい、、、といったモノも思い浮かばず、グーグルさんに聞くことに。

『大人にオススメのアニメ』

検索結果に出てきた「まとめサイト」の中から、適当にチェックし、適当に選択したのが、

「最終兵器彼女」でした。

このアニメ、もうずいぶん前から名前は知っていたのですが、見たことは無く、気分的にちょっと「重め」のモノを見たいなと思ってたので、

「最終兵器彼女」という、タイトルからしてちょっと「重め」のモノを選択しました。

そしたら、予想通りと言うか予想以上に「重め」のモノで、

陰鬱キャラの僕が、陰鬱アニメを見て、よけいに陰鬱的な気分になってしまったので、このままじゃヤバいと感じて、

陰鬱記事を書くことで、少しでも、陰鬱メンタルを晴らしたいなと、そーゆー風に思って、今回このアニメを見て、思った事・感じた事をつらつらと書いていきたいと思います。

【最終兵器彼女の紹介動画(MAD)】

「最終兵器彼女」のあらすじと、見どころ

最終兵器彼女のあらすじ ちせとしゅうじ-1

とりあえずは、まずこのアニメがどーゆー「ストーリー」となってるかを、ザッとまとめたいと思います。

舞台は、北海道にある高校

そこに通ってる、「しゅうじ」と「ちせ」が主人公とヒロインになります。

「しゅうじ」と「ちせ」は、お互いに惹かれあっていき、恋人として付き合っていく事になるのですが、

ある日、ちせは、政府に拘束され、戦争用に最適化された兵器にされてしまいます。

普段は「人間」としての見た目を装ってますが、戦争が始まると、姿形が人間とは大きく変わっていきます。

そして、「ちせ」の兵器としての戦闘力は凄まじく、群を抜いています。

その事から名づけられたのが、「最終兵器彼女」

また、本編での戦争のスケールはかなり大きく、最終的には、宇宙規模で「地球」を守るための最後の希望が彼女であり、最終兵器彼女の「ちせ」なわけです。

どちらかというと、もう「SF」ですね。

ただ、そういった「SF」チックなシーンもあれば、

学園恋愛ストーリーにありがちな、純粋で繊細な人間ドラマや、胸が痛くなるような恋愛シーンもあり、

かと思ったら、戦争において、同級生や親友が死んだりと、生死が絡むような陰鬱で残酷なシーンもあるので、なかなか一言では表しにくいストーリーになります。

あえて言うなら、

『恋愛 × 戦争 × SF』

この3要素が交りあった、ストーリーとなってます。

最終兵器彼女のヒロイン「ちせ」の宿命が悲しすぎて、感情移入しすぎてしまった、、

最終兵器彼女のヒロイン ちせ-1

「ごめんなさい、しゅうちゃん。私、こんな体になっちゃった、、、(泣)」

(1話の最終シーン:僕が泣いてしまったセリフです)

上述している通り、普通の女子高生だった「ちせ」は、突如政府に拘束されてしまい、「兵器」にされてしまいます。

ただ、普段のちせは、以前となんら変わらない「人」としての姿形をしてるので、普通の女子高生で、高校にも普通に通っています。

また、「人」としての思考や感情、記憶はそのままなので、「しゅうじ」の事を思う気持ちや人間的な感情は、なんら変わっていません。

そんな中で、

  • 自分だけ、他の人とは違う生き物である事の悲しみ
  • 本当の自分を、誰にも言えないし、誰にも知られちゃいけない孤独感
  • 自分の手で、大量の人を殺さなければならない苦悩
  • 自分の体なのに、自分でコントロールできない恐怖
  • そして、「兵器」として活動していくうちに、「心」まで兵器化してしまうんじゃないかという不安

最終兵器彼女 ちせ-2

「もう限界です。。。なんで私だけ、、、お願い殺して。私を殺して」

世界中で一人だけ、、、一人だけが背負う宿命。

他人と違う。みんなと違う苦悩。そして、それを誰にも相談できない苦しみ。。。

大好きな人からも、恐れられ怖がられてしまう悲しみ。

そんな「ちせ」の絶望感が、僕の涙腺を何度も何度も刺激しました。

【ネタバレ注意】 最終兵器彼女の最終回(結末)。。。あの何とも言えない感じについて、考察してみた

「最終兵器彼女」を最後まで観た人は、きっと納得できると思います。

ハッピーエンドなのか・バッドエンドなのか・・・微妙すぎる結末、、、

どーやら、僕と同じような人は非常に多かったみたいで、ネット上で色々調べてみると、「最終兵器彼女の最終回」について、賛否両論、多数の意見がありました。

ちなみに、「最終兵器彼女」は、マンガ(原作)、アニメ、実写(映画)とありますが、それぞれで微妙に結末が違うようです。

僕が観たのは、「アニメ」だけですが、

アニメでは、「世界の終焉」に向けて、地球上で生き残っている人々は、それを受け入れ、それぞれの時間を過ごしていきます。

・クラスで催し物を開いたり
・告白を決意したり、
・家族と一緒に過ごしたり

そんな中で、「世界の終焉」は始まり、「しゅうじ」が最後に向かったのは、「ちせ」との思い出の場所であり、約束の場所。

そして、「世界の終焉」に巻き込まれ、全てが終わったと思った次の瞬間・・・

「しゅうじ」が目を開けた先に広がっているのは、真っ白な世界。

最終兵器彼女 最終回(結末)-1

全てが消え去り、何もない真っ白な世界。そこに自分だけが居る。

そんな、何が何だか分かんないまま、気が動転している時に、後ろから聞き覚えのある「ちせ」の声が。

ちせは、「しゅうじ」の心の中で呼んでいた。

ちせは、「しゅうじ」の心の中で生き続けていて、記憶としてずっと残っている。そんな「ちせ」の姿が、具現化し実体として、「しゅうじ」の前に現れます。

本編では、そんな二人だけの世界、、、他に誰もいない世界で、二人一緒。

そこで、愛を誓い合って幕が閉じました。

だから、一見「ハッピーエンド」かな・・・?と思わせるのですが、

結局二人以外の、地球上の全ての人やモノが消滅するので、見方によっては「バッドエンド」にもなり、なんとも言えない気持ちになってしまうのです。

ちなみに実写版では、結局、世界は生き残り、「ちせ」だけが居なくなるそうです。

(まだ、コッチの方がキレイな終わり方ですよね)

こんな感じで、僕が観たアニメの最終回は、スッと終わらせてくれず、歯切れが悪いまま、良い感じの余韻に浸らせてはくれませんでした。

と、、、

こんな感じで、アニメを観て感想記事を書いてたら、僕の休日も、もーすぐ終わりそうです。

気分が陰鬱であろうが無かろうが、月曜日(出勤日)は否応なくやってくるので、そろそろ眠りにつきましょうか。

では。

最終兵器彼女のヒロイン「ちせ」に感情移入しすぎちゃった話と、結末(最終回)が何とも言えない話、、、(ネタバレ注意)」への1件のフィードバック

  1. 1962年生まれのおっさんです。もう、何度読み返したか・・・読み返す度に切なくなります。キモイと笑うなら笑ってくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です