風と共に去りぬのあらすじ・ラストや名言・感想 ~小説と映画の違いや、続編作品:「スカーレット」と「レットバトラー」

風と共に去りぬ・映画のあらすじや感想をまとめている男性-10

どーもー、「風と共に去りぬ」に登場するスカーレットという人物像がずっと気になっていて、先日、ようやく本編を観ることができた「ゆとり」でーす。

(スカーレットが気になった理由は、「白夜行」というドラマの影響ですw)

※「風と共に去りぬ」とは・・・1936年に出版された、マーガレット・ミッチェル作の長編小説で、その後現在でも世界中の多くの人に読まれ続けている歴史的名作です。

ストーリーは、南北戦争前後のアメリカ南部(ジョージア州アトランタ市)を舞台に、戦争によって貴族社会や奴隷制度が崩壊していく激動の時代の中で、天真爛漫で気性の激しい貴族女性:「スカーレット・オハラ」の半生を、彼女を取り巻く人々とともに壮大に描いた物語です。

(「風と共に去りぬ」というタイトルは、南北戦争を「風」に例え、風と共にアメリカ南部の貴族社会が消え去っていくことを意味しています。)

この作品は、小説の出版後、ピューリッツァー賞・小説部門を受賞し、

1939年には、映画も公開されました。

当時としては、非常に画期的であった長編のカラー映画であり、こちらも世界的な大ヒットを記録します。

監督:ヴィクター・フレミング
原作:マーガレット・ミッチェル
脚本:シドニー・ハワード
時間:222分(3時間42分)

この、映画版:「風と共に去りぬ」は、公開後にアカデミー賞の9部門を受賞し、(作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞、等々)

アメリカ国内だけでも、1億9867万6459ドルを記録。映画史上屈指の名作と評されいます。

というわけで、今回の記事では、この「風と共に去りぬ」のあらすじや感想について。

また、映画版と原作小説との違いや、続編2作品:「スカーレット」と「レットバトラー」の内容についても、順に紹介していきます。

以下、目次。

  1. 風と共に去りぬ(映画版)のあらすじや感想まとめ
  2. 原作小説のあらすじや、映画版との違いについて
  3. 「風と共に去りぬ」のその後が描かれた続編作品:「スカーレット」と「レットバトラー」について

風と共に去りぬ(映画版)のあらすじや感想まとめ ~ラストの展開や、スカーレット・オハラ等の名言、南北戦争についても

まずは、当作の映画版について紹介していきます。

【あらすじ詳細】

舞台は、まだ黒人奴隷制度が残る1860年代のアメリカ南部(ジョージア州アトランタ市)で、南北戦争の時代になります。

そんな南部で暮らしている農園主の貴族娘:スカーレット・オハラが本作の主人公で、彼女は自分と同じ上流階級の美青年:アシュレー・ウィルクスに恋をしていました。

だがアシュレーは、彼の従姉妹(いとこ)であるメラニーと婚約をしていて、美しく妖艶なスカーレットに魅かれつつもメラニーと結婚することを決める。

そんなアシュレーの婚約を知ったスカーレットは激怒し暴れていたところを、偶然目撃したレット・バトラーは、彼女に一目惚れをしてしまう。

だがスカーレットは、アシュレーへの当て付けのためにメラニーの兄(チャールズ・ハミルトン)と結婚を決めるも、南北戦争が始まってしまい、戦場にいったチャールズは戦時中に病死してしまう。

スカーレットは未亡人となり、それを知ったレットバトラーは、再び彼女の前に姿をあらわす。

そんな中、戦況は非常に苦しい状況となっており、南軍は北軍にどんどんと追い詰められていた。

そしてついに、アトランタ(スカーレット達が滞在していた場所)の陥落も目前となっていたのだが、スカーレットやメラニー達は逃げ遅れてしまい途方にくれていたが、レットに助けを求め、タラ(スカーレットの故郷)への帰還を目指した。

帰還中、危険地帯をなんとか切り抜けるも、レットからは置き去りにされ(レットは南軍の前線へと向かう)、体力的に限界になりながらも、なんとか故郷・タラへと戻ってくる。

しかしタラは、すでに北軍に攻め入られたあとで荒廃し、頼りにしていた両親も、母は病死し、父は母の死によっておかしくなっていた。さらに、お金も食料も全て北軍の連中に奪われ、スカーレットは絶望するも、彼女は飢えを凌ぐ事と故郷を守る事を決意し・・・

参考元 : ウィキペディア:風と共に去りぬ(ストーリーの章)

(こちらwikiに、ストーリーの全容がまとまっていますが、小説版の内容なので一部違いがあります。違いについては次の章にて解説)

以上が、あらすじ概要になりますが、

この物語をより深く観るには、この物語の時代設定でもあり歴史的実話でもある「アメリカ南北戦争」や「黒人奴隷制度」について、ある程度把握しておいた方が、より「リアリティ」を持って作品を楽しむことができるでしょう。

※「風と共に去りぬ」のストーリー自体はフィクションです。

というわけで、以下に南北戦争の概要についてまとめてみました。

南北戦争は、アメリカ合衆国(北部)から、アメリカ南部の11州が合衆国を脱退し、アメリカ連合国(南部)を結成。その後、北部と南部の間で行われた戦争(内戦)である。

当時、北部と南部は政治・経済・社会的な相違が拡大しており、特に「黒人奴隷制」に対する意見で激しく対立する。(南部が奴隷制存続を主張し、北部は撤廃を主張する)(南部の経済は、黒人奴隷労働により支えられていた。)

これを背景とし、1861年~1865年と、4年以上もの歳月において戦争が続く。

結果は、アメリカ合衆国(北部)の勝利によって、アメリカ連合国が消滅し、奴隷制も廃止される歴史的戦争になる。

戦死者の数も膨大で、70万人~90万人が死亡したと推測されている。

※これは今日までアメリカが体験している戦役史上、最悪の死者数である。

以降、この南北戦争を題材とした作品は、「風と共に去りぬ」以外にも、小説・映画・ドラマ・アニメ等、多岐にわたっている。

以上です。

では、続いて「風と共に去りぬ」を見た感想や考察について、以下にまとめていきます。

  • 「南北戦争や黒人奴隷制について多少の知識を持っていた方が、より楽しめる」

    上記でも述べていますが、当時の歴史的事実・時代背景について全く知識が無いよりは、ある程度あった方が、より深く楽しめる作品となっています。

    戦争に出向いた夫や親の帰還を待つ家族や、戦争が南部の白人貴族の生活を変えていく様子が詳細に描かれており、

    アトランタでの戦死者や怪我人が集まる病院の様子や、病院に入りきらずに街中で横たわる大勢の兵士や市民の映像なんかは、とても印象的でした。

    また、黒人奴隷が白人邸で使用人として生活・同居している模様や、大勢の黒人奴隷が列をなして戦争に駆り出されている光景なんかも描かれています。

    ※「風と共に去りぬ」が出版された当時、南部白人の視点からのみ描かれている本作は、黒人から「奴隷制度を正当化し、(オハラの様な)白人農園主を美化している」として強い批判と抗議を受けており、

    黒人奴隷の描写や、白人至上主義団体:「KKK(クー・クラックス・クラン)」を肯定している点なども強い批判を受けていたそうです(スカーレットの周囲にいる白人男性達は、レット・バトラー以外、ほぼ全員が「KKK」のメンバーである設定だった)

    また、

    本作がアカデミー賞を受賞したときのオスカー像が、のちに競売に出された際(1999年)、マイケル・ジャクソンがに150万ドル(約1億5750万円)で落札したことでも話題となりました。(当時のマイケルは、まだ黒人だった?)

    「この映画のオスカー像を手に入れるのが長年の夢だった」とマイケルは語っているが、結局、そのオスカー像は「盗品扱い」として、アカデミーに回収されてしまう。

  • 「長編カラー映像なのがすごい!」

    「風と共に去りぬ」は1939年公開の映画です。

    1939年って、日本ではまだ戦争前の時代ですよ!

    その時代で、白黒じゃなくカラー映像となっており、現在でもそのまま見れるのが単純にすごいと思いました。

    現代の映像技術に比べると天と地の差ですが、それでも、戦前に公開された映画とはとても思えないクオリティの映像でした。

    また、上映時間:222分と長いのも特徴で、僕は2日に分けて視聴しましたね。(構成的には、後半になるにつれてどんどんとシリアスで悲劇的になっていきます)

  • 「バッドエンドのラストとその後について」

    「風と共に去りぬ」は世界中・かつ歴史的名作でありながら、結末はバッドエンドに終わっています。

    スカーレットとレットは、ボニー(子供)を亡くしてしまい悲しみに暮れ、レットはそれ以降、家に帰ってこなくなってしまう。

    さらに、娘を失ったショックから抜けきらない内に、親友であるメラニーまでが流産によって命を落としてしまう。

    メラニーの最後の時、スカーレットは、レットからの自分に対する愛情を知らされ、彼女は初めて自分が愛しているのはアシュレーではなくレットであることを痛感する。

    だが、愛想を尽かしたレットの気持ちは既に冷め切っており、彼の故郷であるチャールストンに帰ってしまう。

    娘と親友、そして最愛の人を同時に失ってしまったスカーレットは絶望にひれ伏すも、彼女はやがて明日に希望を託し、絶望の中から一歩を踏み出すことになる。

    「タラに戻って、タラの土地を昔のように復興させること。」

    彼女は、こう決断し希望を持って生きていくことを決める。

    Ending

    そして、

    「風と共に去りぬ」が公開されてから、約50年後の1991年。

    待望の続編:『スカーレット』が出版されます。

    当作品では、スカーレットのその後が描かれてますが、詳細については後述しています。

  • 「スカーレットより断然メラニー推し」

    「スカーレットとメラニー、どちらがタイプか・・・」

    ネット上でもよく議論されていますが、やはり個人的には断然メラニー派ですね。

    というか、スカーレットはいろいろ許せない。

    アシュレーを想っている気持ちのまま、他の男性と結婚したり、子供がいながらアシュレーを思い続けたり、未亡人であるにもかかわらずに、すぐに仮面舞踏会でレットと踊ったり、

    冒頭のシーン(パーティー)で、男性たちに出会い頭に声をかけてたぶらかしていく所から、個人的にはダメでしたね。

    おまけに、自己中心的でわがままな性格を持っているわけです。(誰にも屈しない意志や強さも持っているが・・)

    一方のメラニーは、スカーレットとは対極に位置する女性像として描かれ、病弱だが、心が非常に綺麗で優しく健気な女性で、家族愛も強い。

    その一方で、世間の声や目に流されない意志の強さや、どんな状況でも自分の愛するものを守ろうとする強さも持っています。

    優しさも強さも持っている、まさに天使のような女性と言っていいでしょう。

以上、「風と共に去りぬ」の感想でした。



続いて、本作品にて、スカーレットやレットバトラーは、多くの名言を残しています。というわけで、それらを以下にまとめてみました。

  • 【スカーレット】

    (最も有名なセリフ)「明日は明日の風が吹く」

    (母親が死に、財産も、食糧も、家畜も何もかも北軍に奪われ、絶望にひれ伏し号泣していたスカーレットが再び立ち上がって言ったセリフ。)

    「神よお聞きください。この試練に私は負けません。家族に二度とひもじい思いはさせません」

    「生き抜いてみせます。たとえ盗みをし・人を殺してでも」

    「神よ誓います。二度と飢えに泣きません。」

    (この後、スカーレットは別人のように逞しい女性になっていきます。)

  • 【レットバトラー】

    「君(スカーレット)を愛している。何故なら僕たちは似ているから。欠点がたくさんあるところがね」

    「君より猫の方が母親としてマシだ」(レットが娘を連れて家を出ようとした時、反抗したスカーレットに対し、このセリフを放ちます)

  • 【スカーレットの父親】

    「この世界において、その為に働き、戦い、死ぬ価値があるのは「土地」だけだ。なぜなら土地が最後まで残るものだから」

以上です。

「風と共に去りぬ」の原作小説のあらすじや、映画版との違いについて

風と共に去りぬの原作小説-2

Amazon:風と共に去りぬ(マーガレット・ミッチェル著)

出版日:2015/3/28

作者・翻訳者:マーガレット・ミッチェル(著)、鴻巣 友季子(翻訳)

全5巻

「風と共に去りぬ」の小説版は、基本的なストーリー構成については映画とあまり変わりません。

ただ、小説にのみ登場するキャラクターや描写が多数あるので、それらの中で主だったものを以下に挙げていきます。

【映画と小説の違い】

  1. 「スカーレットには多くの子供がいる」

    おそらく、これが最も大きな違いでしょう。

    映画では、スカーレットにはレットとの子供しか居ませんでしたが、小説では、チャールズ(最初に結婚した、メラニーの兄)との間にできた長男:ウェードや、

    フランク・ケネディ(第二の夫)との間に産んだ、女児:エラもいます。

    この他、スカーレットの子供ではありませんが、ディルシー、ウィル、アーチといった小説にのみ登場するキャラクターがいます。

  2. 「人種問題や奴隷制について、色濃く描かれている」

    小説では描かれていた人種問題や奴隷制の描写について、映画版では大きく省かれており、何人かの黒人奴隷も省かれている。(問題になると判断されたため)

    映画版の制作に携わった「デヴィッド・セルズニック」は、「ぼくは、どんな反黒人映画も作りたくない。我々の映画では、黒人の扱いに極力注意しなければならないんだ」と語ったといいます。

  3. 「スカーレットの母親の死に際について」

    映画では、母親の死に際について特に描かれてはいないが、

    小説では、死に際とともに、母親の回想シーン(過去の恋)が描かれ、母親は最後に「フィリップ」という皆が誰だか知らない男の名を語って死んでいく。

    (父親はジェラルドという名前)

    これは、スカーレットのアシュレーに対する想いに通じる所がありますね。

以上です。

風と共に去りぬのその後が描かれた続編作品:「スカーレット」と「レットバトラー」について

「風と共に去りぬ」には、近年続編作品が2作出版されています(「スカーレット(第一段)」と「レットバトラー(第二段)」)

というわけで、ココでは、この2作品の概要やあらすじについて、順に紹介していきます。

まずは、1作目の「スカーレット」

風と共に去りぬの続編作品:「スカーレット(小説)」-1

Amazon:スカーレット(アレクサンドラ・リプリー著)

  • 発売日:1992/11
  • 原作者:アレクサンドラ・リプリー(レット・バトラーと同じ、南部のチャールストン出身)(「風と共に去りぬ」の作者とは別の作家)
  • 翻訳:森 瑶子
  • ページ数:1095ページ

この作品は、「風と共に去りぬ」のその後がスカーレット視点で描かれており、世界的超大作の続編ということで、アメリカでは発売前の予約だけで100万部に達し、アメリカだけじゃなくイギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど世界各地で出版され、数百万部にのぼる大ベストセラーとなる。

(著者であるアレクサンドラ・リプリーも、一躍、時の人となる)

その後、

出版から約1月後の1991年11月3日、早くもテレビドラマ化が決定し、1994年11月13日に全米で放映され、高視聴率を記録する。

(動画はネットを探したけど無かった。。なので観れていない。。)

(ストーリー的には、原作小説とは異なっていて、スカーレットが殺人事件に巻き込まれる内容となっているらしい。)

というわけで、ここでは「スカーレット」のあらすじ概要について、まとめていきたいと思います。

※小説は、4部構成となっていて、第一部:「闇の中で(第1~9章)」、第二部:「大博打(第10~32章)」、第三部:「新しい出発(第33~46章)」、第四部:「タラの丘(第47~89章)」と構成されている。

  1. 第一部:「闇の中で(第1~9章)」

    「スカーレット(小説)」は、夫であるレット・バトラーと疎遠になったスカーレットが、メラニーが死に、彼女が葬式に出席したところから始まる。

    その後、タラで生まれた時から世話になっていた「マミー(黒人の使用人)」が危篤の状態であり、その報告を聞いたレットは、マミーの死に際に訪れ、スカーレットの面倒を見るように言われる。

    だが、レットにそのつもりは無く、マミーの死後にレットとスカーレットは口論になり、再度レットは去って行ってしまう。

  2. 第二部:「大博打(第10~32章)」

    スカーレットはレットに戻ってきてもらうために、彼の家族を訪問する。

    そして彼の母親を味方につけ、とある日、スカーレットとレットは一緒にヨットに乗って海に出るが、途中で遭難してしまう。。

    なんとか無人島に到着し、そこで二人は仲直りしたかに思えたが(大人の営みをする)、無事にレットの実家に戻ると、結局2人の関係は修復されず、レットはもう二度と彼女と会わないことを告げる。

    その後、スカーレットはレットに手紙(戻ってきてほしい旨)を書いて、レットの妹のローズマリーに託したが、彼女はそれを燃やしてしまう。

    (ローズマリーは、レットがスカーレットをもう愛していない事、そして彼女を避けなければ再び彼女を愛してしまうかもしれない事など、二人の結婚生活の全てを、レットから聞いていた)

  3. 第三部:「新しい出発(第33~46章)」

    スカーレットは、レットの実家を離れ、自分の母方の実家(祖父母の家)に訪ね、その時にレットの子供を身ごもっている事が発覚する。

  4. 第四部:「タラの丘(第47~89章)」

    その後、今度は父方の実家(祖父母の家)があるアイルランドを訪ねるが、その時にレットからの離婚通知が届いてしまう。

    さらに、レットがチャールストンに住んでる「アン・ハンプトン」というメラニーに似た女性と結婚したと報告を受け、かつてないほどの傷心と自責の念にかられてしまう。

    それからしばらくして、スカーレットは気持ちを切り替えアイルランド人の誇りと働きぶりによって村人たちや親戚達から尊敬され、『ザ・オハラ』という、一族の長の名を与えられる。

    さらに、待望していた女の子の赤ん坊が生まれ、良い母親になることを誓った。

    (スカーレットは、赤ん坊に「ケティ・コラム・オハラ」と名付け、緑の瞳にちなんで、猫を意味する『キャット』と呼ぶことに決める)

    その後、スカーレットはアメリカに戻った際に、偶然レットと出会い、舞踏会にてお互いがまだお互いを愛していることを確信する。

    一方で、ヨーロッパの富裕層の一人である「フェントン伯爵」がスカーレットに熱心に求婚したが、彼の傲慢な性格や子供に対する考え方が合わなかったため、スカーレットは彼を拒否する。

    だがその後、アンがレットとの第二子を妊娠したと聞いて、(当てつけに)フェントン伯爵と結婚することを決める。

    それからしばらくして、スカーレットは、アンが熱により亡くなってしまい、赤ん坊も誕生後4日で亡くなったことを、レットとの共通の友人から聞き出し、レットが自分を探しにくると思い、急いで(彼が来るであろう)「バリハラ」に戻った。

    その際、ある事件によってバリハラの村人たちにスカーレットは恨まれ、彼女の家が焼き払われてしまうが、レットが彼女を助け出し、一緒に逃げる事に。

    その時、レットは初めて自分とスカーレットとの子供がいることを聞かされ、二人はお互いに愛を伝えあった。

    そして、アイルランドを離れ3人の新しい生活が始まっていく。

    Happy End

参考元 : ウィキペディア:スカーレット(小説)

というわけで、「風と共に去りぬ」の最後にレットバトラーが出て行ってから、その後様々なことがあるも、結局はレットと復縁することで、ハッピーエンドとなるストーリーでした。

(風と共に去りぬと違い、綺麗な終わり方:ハッピーエンドで良かったね)



で、

続いて、2作目の「レット・バトラー(小説)」

風と共に去りぬの続編:レット・バトラー(小説)-1

Amazon:新編・風と共に去りぬ:レット・バトラー(ドナルド・マッケイグ著)

  • タイトル : 「新編・風と共に去りぬ レット・バトラー(ゴマ文庫)」
  • 出版日:2008/6/10
  • 著書:ドナルド・マッケイグ
  • 翻訳:池田 真紀子
  • 全6巻

こちらは、「スカーレット(小説)」の次に出版された小説ですが、ストーリー的には繋がってはいません。(続編では無い)

どちらかというと、「風と共に去りぬ」の物語を補完するために、レット・バトラーの視点で描かれた物語になります。

(まだスカーレットと出会う前のレットや、「風と共に去りぬ」のその後のレット等について描かれています)

(以下、あらすじ概要)

  • 冒頭の第一章は、レット・バトラーが若い頃の成長過程や家族関係、親への反発、奴隷との親愛関係などが描かれています。

    レットバトラーは、チャールストンで暮らす大農場主の長男であり、奴隷を酷使する父に反抗し、士官学校を退学、決闘騒ぎを起こして実家から勘当されてしまう。

    その後、南部を旅立ち、商人として各地を放浪するレットは、持ち前の商才を発揮しはじめる。

    そして、たまたま南部に立ち寄ったレットは、とあるパーティで、スカーレットという美しい女性と衝撃的な出会いをすることになる。

  • 「風と共に去りぬ」の、その後のレットも描かれており、終わり方としてはハッピーエンドで集結する

    僕は読んでないので、どういう終わり方なのか分からないが、ハッピーエンドという事なので、おそらくスカーレットと結ばれて終わっているのだろう。

  • レット・バトラーの妹:ローズマリーの人生や、敬愛する兄:レットとの関係について描かれている
  • ベル・ワットリングの人生や、レットとの関係。息子:タズエルについても描かれている

    「風と共に去りぬ」で、レットの愛人として登場する派手な女性が「ベル・ワットリング」です。

    彼女の人生・生き様は、スカーレット以上に鮮烈で悲しいと言われていて、彼女の中にあった淑女性を、レットとメラニーだけが理解しています。

    彼女の心のあり方は非常に強く一途であるが、最後まで報われずに悲しい描かれ方をしているようです。

以上、「レット・バトラー(小説)」のあらすじ概要でした。

「風と共に去りぬ」が好きな人は、ぜひこの2作も手に取って読んでみてください。

ではまた、じゃーねー。

風と共に去りぬ・映画のあらすじや感想を書き終えた男性-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です