しんやっちょ(本名:大原誠治)の年齢や過去と、配信歴史まとめ(ツイキャス配信中の無免許運転・逮捕事件や交番ダンスなど)

しんやっちょ(本名:大原誠治)のツイキャス配信を観ているリスナー-8-1

どーもー、毎日誰かしらのツイキャス放送を観ている、、配信中毒の「ゆとり」でーす。

その中でも、僕が特にハマっている配信者である「しんやっちょ」という人物。

きっと、ツイキャスをある程度観ている人なら、知っているでしょう。

2015年には、「無免許運転」と「交番ダンス事件(建造物侵入)」によって、警察に逮捕され、大々的に全国ニュースにTVデビューした配信者になります。

どこか、外配信したら、必ず誰かしらに声を掛けられ、どこかお店に入ったら、必ず(アンチによって)通報されてしまうといった・・

おそらく、ツイキャス界隈において、「知名度」と「アンチの数」だけで言えば、トップ3に入ると思います。

僕自身も、彼の配信者としての行動力や、炎上を恐れずに、とにかくリスナーを沸かせる事にこだわる配信魂。

そして、たまに見せる、メンヘラ的行動や発言。

これら配信者としての、”こだわり” や、人間味のある配信にハマってきた一人です。

ただ・・・

僕が知っている「しんやっちょ」は、2015年からの「しんやっちょ」だけで、それ以前に、どのような配信をやってきて、どのように有名になっていったのか・・・

この辺については、全くの無知でした。。

また、彼が配信を始める以前に、どのような活動をしてきたのか・・・

この辺について調べてみると、彼の歴史はかなり深い事が分かったので、今回まとめていくことにしました。

なので、最近の「しんやっちょ」しか知らなくて、もっと彼を深堀りして知りたい。。。といった人は、読み進めてもらえばと思います。

しんやっちょ(本名:大原誠治)のプロフィール情報(年齢や住所・家族構成)

しんやっちょ(大原誠治)の年齢や住所等-1

彼の歴史を遡(さかのぼ)っていく前に、まずは彼のプロフィール情報をまとめてみました。

  • 【本名】 : 大原 誠治(おおはら せいじ)

  • 【生年月日】 : 1983/2/5(32歳(2016年1月現在))

  • 【住所】 : 兵庫県三木市(実家)

    現在(2016年)は、東京・大阪・福岡等、複数の住み処(リスナー提供)がある

  • 【職業】 : 以下、複数

    ・「ストリートダンス」 : ジャニーズのコンサート会場付近等、全国各地に回って活動している。
     → Youtube:「しんやっちょ、ストリートダンスの模様」

    ・「なんでもやっちょ」 : リスナーとデートしてお金をもらう。。いわゆる、「デリホス」(体の関係は禁止としている模様)

    ・「グッズ販売」 : ステッカーや、Tシャツ等

    ・「古事記」 : 配信上 or リアルでリスナーからお金をもらう。

    ・「エキストラ出演(過去)」 : 出演作品:「リーガルハイ」、「クローズ zero2」、「大奥~永遠~ 右衛門佐・綱吉編」・「クローバー」・「幸福の科学(宗教ビデオ)」等々

    詳細:
    しんやっちょブログ : 「クローズZERO の撮影。鈴蘭高校の生徒役」
    しんやっちょブログ : 「クローバーというドラマに、レギュラー出演(有村架純と共演)」
    ・リーガルハイの出演画像(以下。後ろに新垣結衣)
    しんやっちょ リーガルハイ(ドラマ)出演-1

  • 【配信内容】 : 雑談、外配信、キチガイ・炎上配信など

しんやっちょの「過去」をまとめてみた 2002年:大原誠治時代 ~2004年:勇成真也時代 ~ 2012年:配信を始めるまで

まだ、配信を始める前の、やっちょの過去を時系列にまとめてみました。

以下、目次。

  • 2002年~ : 大原誠治時代(マルチタレントとして活動)
  • 2004年~ : 勇成真也時代(モデルや、ダンスユニットに加入)
  • 2010年~ : VKB428時代(ヴィジュアル系アイドルグループに加入)

2002年(大原誠治(おおはらせいじ)時代) ~ジャニーズへの応募や、切手詐欺事件 → アンチ急増 →引退へ~

しんやっちょが、高校卒業後、芸能界を目指して活動していた、一番最初の時期です。

この時は、自身を「マルチ・タレント」として、本名で活動していました。

  • 2002年から、芸能界を目指して活動する

  • 当時は、マルチタレント:「大原誠治」として活動していた

    マルチタレント:「大原誠治」の公式HP

    上記から「タレント」としての活動だけじゃなく、夜のスカウトの仕事もしている事が分かる。

    月曜から土曜まで阪急梅田辺りで、17時 ~ 23時まで、スカウトしてるので僕を見掛けたら気軽に声を掛けてね。

    梅田などで、18歳以上の女性でクラブやラウンジの仕事やっても良いという方はメールしてね。

    僕が普通のバイトより確実に時給が良い仕事を紹介しますので宜しくね。

    とのこと。

  • バンド:「ANGEL☆SMILE」の結成(メンバーは、自分一人しか集まらない。。)

    「ANGEL☆SMILE」の公式HP

    ・ボーカル・リーダー:大原 誠治

    ・ギター:もうすぐ加入予定

    ・ベース:募集中

    ・ドラム:募集中

    とのこと。

  • ジャニーズのオーディションを受ける → 落選

  • ジュノンボーイのコンテストを受ける → 落選

    当時の画像らしい。

    しんやっちょ ジュノンボーイ応募画像-1

  • 切手詐欺事件

    【事件詳細】

    公式HPにて、ファンレターを募集。

    その際、送ってもらう時に、80円切手を3枚同封するようにホームページで呼びかける。

    この時、やっちょ本人が、ファンレターと共に送られてきた切手3枚を郵便局で換金する疑惑が浮上。。(当然、返信はしていない)

    これが後に、「切手詐欺事件」と呼ばれる

    大原 誠治:ファンレター募集ページ

    また、この事件をきっかけに、2ch にアンチスレができるほどに・・・

    → 2ch過去ログ:「告訴か?」マルチタレント大原誠治「逃亡か?」

    さらにさらに、コラージュ画像やコラージュ動画・まとめサイトまで作られてしまう(以下)

    しんやっちょ : 大原誠治時代の画像-1

    まとめサイト : 「大原○治:ファンサイト(アンチ作成)」

  • 上記の影響で、「大原誠治」としての活動を終了

    現在(2015年)、なぜ、しんやっちょが「大原誠治」という名前をなぜ隠そうとするのか・・・合点がいきますね。

2004年(勇成真也(ゆうなりしんや)時代)~zoom 加入や、men’s egg モデルとして活動!~

「大原誠治」としての活動を終了してから、しばらくブランクが空きますが、、

2004年頃から、新たに名前を変え、活動を再開していきます。

2010年(勇成真也時代)~zoom を引退 → VKB428 に加入する!~



以上、しんやっちょが配信を始める前の活動まとめでした。

参考元:
NAVERまとめ:「31歳!自称アイドルしんやっちょ(勇成真也)」

アメブロ:「大原誠治のブログ(しんやっちょ)」(アンチ作成)

しんやっちょの配信歴史まとめ : ツイキャス過疎時代 ~ 大手配信者への道のり。そして無免許運転・交番ダンスの逮捕事件まで

以下、目次。

  • 2012年 : Ustream・ニコ生時代
  • 2013年 : ツイキャスを始める。過疎時代
  • 2014年 : ツイキャスで、一気に「大手」へ駆け登る
  • 2015年 : 無免許運転と交番ダンス事件(建造物侵入)で警察に逮捕 → 全国ニュースでTVデビュー

2012年(Ustream・ニコ生時代) ~垢抜ける前のしんやっちょ(キチガイ配信の兆候)~

ネット上を調べた限り、2012年頃から、UST・ニコ生で配信を始めたようです。

以下が、残っていた当時の動画ですが、まだ垢抜けない感じで、言葉がナマッてて、かなり気持ち悪い動画になっていますw

→ Ustream : しんやっちょ(大原誠治)「自分のギャグにツボるキチガイ」

→ Ustream : しんやっちょ(大原誠治)「悪霊に取り憑かれるキチガイ」

また、

ニコ生も、2012/8/20 にコミュを開設していて、8/21 から配信を開始しているのが分かります。

2013年(過疎時代) ~しんやっちょ、ツイキャスを始める(ニコ生も並行してやっている)~

  • 2013/6/15(動画アップ日) : 【親フラ配信(ニコ生)】

    配信中、親父に激怒され、その後ふて腐れながら、親父の愚痴を言う。

    (激怒された原因は、家事をしなかったから。(家事をしないなら、出て行って一人で暮らして行けと言われてしまう))

    → しんやっちょ配信 : 親フラ・父激怒!

  • 2013/7/9 : 【ツイキャス・スタート】

  • 2013/7/18(動画アップ日) : 【上半身裸で地元の町を徘徊(ニコ生)】

    動画 → しんやっちょ:キチガイ外配信。

  • 2013/7/18(動画アップ日) : 【ニコ生卒業配信(釣り)(ニコ生)】

    動画 → しんやっちょ:ニコ生卒業(パート1)

  • 2013/秋 : 【V系バンド「RoVin」の、バックダンサーになる】

    ※「RoVin」・・・岸田健作さん率いる、ヴィジュアル系のダンスロックバンド

    (しんやっちょは、あくまでバックダンサーなので、オフィシャルサイト等ではメンバー紹介されていない。)

    RoVin オフィシャルサイト

  • 2013/9/16 : 【「AAA」の大阪城ホールコンサート前にて、ストリートダンスをする】

    → しんやっちょ:「AAA」の大阪城ホールコンサート前にて、危険なストリートダンス

    無許可でストリートダンスをする際の危険性について言及されている。

  • 2013/11 : 【関東のファンのアパートに、1ヶ月間居候(いそうろう)する】

    「RoVin」の活動やストリートライブ等で、関東に出向くことが多くなったため、関東にアパートを借りる。

    ファン親族所有のアパートを無料で借り、光熱費も支払っていない。

    また、滞在期間中にツイキャス等で外配信したため、アンチからアパートを特定されてしまう。

  • 2013/11/23 : 【ロンドンブーツ:田村淳の番組「淳の休日」。この企画の「マスク de お見合い」に参加する】

    番組公式HP : 淳の休日:「マスク de お見合い」

    要は、お見合い番組なのだが、

    しんやっちょは、目立ちたがり屋な性格が出て、バク宙をして告白するものの、あっさりふられてしまう。

    動画 : ロンブー淳の番組でフラれる「しんやっちょ」

2014年(ツイキャス大手時代) ~「なんでもやっちょ」の開始や、ちいめろ・金バエ等とのコラボ。そしてキセル発覚事件。等々~

2015年 ~無免許運転と交番ダンス事件(建造物侵入)で警察に逮捕される。そして全国TVニュースへ!~



以上、、

しんやっちょの、配信歴史まとめでした。

全体の参考元:

NAVERまとめ:「31歳!自称アイドルしんやっちょ(勇成真也)」

しんやっちょ(大原誠治)のオフィシャルブログ(アンチ作成)

ツイキャス:しんやっちょ・録画放送

最後に・・・しんやっちょが「大手配信者」に登りつめたキッカケと、その考察。そして、他のオススメ配信者。

ココでは、僕なりに、なぜ「しんやっちょ」が大手配信者になる事ができたのか・・・どの時期に、どの配信がキッカケとなって、そこまで登りつめたのか・・・考察してみました。

まずは、以下を見てみてください。

  • 2013/7/9 : 総視聴者数 : 5,324人。最大同時視聴者数 : 11人(ツイキャス・スタート)

  • 8/2  : 総視聴者数 : 496人。最大同時視聴者数 : 68人

  • 9/4  : 総視聴者数 : 860人。最大同時視聴者数 : 68人

  • 10/4 : 総視聴者数 : 1,221人。最大同時視聴者数 : 73人

  • 11/2 : 総視聴者数 : 459人。最大同時視聴者数 : 51人

  • 12/9 : 総視聴者数 : 1,125人。最大同時視聴者数 : 56人

  • 2014/1/6 : 総視聴者数 : 538人。最大同時視聴者数 : 48人

  • 2/6 : 総視聴者数 : 902人。最大同時視聴者数 : 85人

  • 3/4 : 総視聴者数 : 882人。最大同時視聴者数 : 75人

  • 4/1 : 総視聴者数 : 1,192人。最大同時視聴者数 : 76人

  • 5/1 : 総視聴者数 : 53,992人。最大同時視聴者数 : 1,973人

    この日を境に、一気に閲覧が爆発する(初の4ケタ)

    ちなみに前日(4/29)までは、最大同時視聴者数:50 ~80近くが、永遠と続いている。

    (前日(4/29) : 総視聴者数 : 591人。最大同時視聴者数 : 45人)

    この日の配信は、タイトル:「リア凸歓迎 in 代々木公園」 → タイトル変更:「ホームレス生活1日目」

    配信内容を見る限り、何か過激な事をやったり、炎上するような事をやったりしているわけではない。

    (タイトルに「ホームレス生活」とあるが、配信上は、普通に街を歩いているだけ。。)

    なので、ココで一気に閲覧が上がったのは、おそらく、ツイキャスのオススメ上位に載った事が原因。

    (本人も、急激な閲覧数の上昇に、疑問を隠せない様子だった。。)

    そして・・・

    「ホームレス配信」に手応えを感じたのか、ここから数日間、同じような配信を続けていく。

    さらに・・

    彼のすごい所は、ココから!!

  • 2014/5/14 : ちいめろとリアルコラボ

    ホームレス系の配信で勢いに乗っている「しんやっちょ」は、ココで終わってしまわないように、他の大手配信者とのコラボに目を付けた。

    まず、目を付けたのが、ツイキャスの女性配信者では、おそらくトップの位置にいる「ちいめろ」

    結果・・・このコラボ配信では、最大同時視聴者数 : 4,231 まで上昇する。

    さらに、しんやっちょの快進撃が続く・・

  • 2014/5/19 : 金バエとのリアルコラボ(警察ともコラボ)

    ちいめろとコラボした4日後に、、今度は金バエともコラボを果たす。

    この放送では、警察の登場もあってか、最大同時視聴者数が、なんと「12,370」まで跳ね上がる!

    ここで、彼の「大手キャス主」としての位置は、確立したといってイイでしょう。

    また、この辺りから、ネタで警察と絡んで炎上させる放送が多くなっていきます。

    → 警察をネタに配信 → しんやっちょ : 警察に絶対に屈しない放送 in 名古屋

    (この放送は、同時閲覧:8,000 までいく。)



    以降、常時、同時閲覧4ケタをキープして、今に至ります。

参考元 : ツイキャス・しんやっちょ : ライブ履歴

上記は、しんやっちょがツイキャスを始めてから、1ヶ月ごとにピックアップした配信の「総視聴者数と最大同時閲覧数」をまとめたものですが・・

上記を見たら、一目瞭然ですよね!

全ての始まりは、「2014/5/1」の配信です。

この配信が、全てのキッカケになります。

それまで、永遠と同時閲覧:2ケタを彷徨ってたのが・・・急に、閲覧:4ケタに。。

おそらく、最も大きな要因は、「オススメ」に掲載された事。

これに、放送タイトルの「ホームレス生活」が影響して、初見が一気に沸いて入ってきた事が、閲覧が急上昇した理由でしょう。(あとは、彼の見た目もあると思います)

で・・・

彼のすごい所は、ココからです。

偶然的に舞い降りてきた、このチャンスを、何が何でも獲得するために、彼は、この日の放送からツイキャスに集中し、長時間放送を続けていきます。

(内容は、「ホームレス系」の配信)

さらにさらに、熱が冷めないうちに、大手配信者の「ちいめろ」と「金バエ」と絡む(コラボする)ことによって、大手配信者としての地位を揺るがないものにしました。

まさに、チャンスをモノにして、偶然を必然に変えたのです。

僕は、ココから「有名になりたい!人気者になりたい!」という、尋常ならない彼の執念を感じました。

それから、様々な炎上ネタをやっては、ツイキャス界隈を沸かせて、果ては逮捕に至り、全国ニュースにまでデビューしてしまって、今(2016/1)に至るわけですが・・・

現在は、オススメ規制になって、閲覧:4ケタも滅多にいかない状態へと衰退していき、オワコンと呼ばれている「しんやっちょ」

個人的には、全くオワコンとは思っておらず、彼のブランド力や知名度は、まだまだ絶大なモノがあると思っているのですが、

それでも、このままオススメ規制が続いていくと、本当にオワコンになってしまうでしょう。

今の彼のキャラや配信スタイルでは、ツイキャスでは通用するけど、ニコ生では絶対に通用しないモノです。

あくまで、通用するターゲットは、若い女性リスナーだけです。

見た目と、偽善的で軽薄な「優しさ」で通用してるだけで、それも時間の問題でしょう。

「永遠の12歳アイドル、しんやっちょだお!」とか言ってるうちは、絶対に大人のリスナーなんて付かないですし、長期的かつ経済的に支援してくれるリスナーも、まず付かないでしょう。

挙句、本名と年齢を隠し、ファンタジーの世界観とか言っちゃってます。。

キッズや、一時的なニワカ・リスナー向けに配信していきたいのであれば、全然それでも良いと思いますが、

もし、大人や固定リスナーを付けていきたいのであれば・・・

そんな「ファンタジー」とか、全部無くすことです。「ファンタジー」じゃなくて、「リアル」をちゃんと見せつける事です。

裏でこそこそと「女遊び」をする程度であれば、一生「横山緑」や「ウナちゃんマン」・「金バエ」といった、本当に一流の配信者にはなれないでしょう。

本気で好きになって、本気で喧嘩して、本気で傷つくような・・・そんな「リアルな人間模様」を見せてください。

自分の過去も背負えずに、自分の綺麗な部分だけ見せようとして、自分の汚い部分を見せることができない配信者は、結局そこ止まりだと思います。

一生、「リアル」じゃない、見せかけだけの、うわべ配信を続けて、そのうわべに、ノコノコと付いてきた一時的なミーハー・リスナーと、キャッキャ やっとけば良いと思います。

と、、まぁ最後は辛辣な文章になっちゃいましたが、彼が今後、配信者としてどのように変わっていくのか・・・

すごく興味があるし、今後も逐一チェックしていこうと思います。

では。。じゃーねー。

ツイキャス放送主:しんやっちょ(本名:大原誠治)の過去や配信歴をまとめ終えたリスナー

P.S. 今回、「しんやっちょ」について記事をまとめてきましたが、僕がオススメする他の配信者についても、以下にまとめているので、興味のある方はぜひ。

→ aaa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です