摘発が相次いでいる秋葉原の「JKリフレ店:はぴはに」に潜入して、女子高生にマッサージしてもらいながら色々聞いてきた!

秋葉原「JK(秋葉原)リフレ」に潜入するゆとり君

どーもー、先日、秋葉原の有名な「耳かきエステ専門店」に行って、従業員に恋をしてしまったキモオタのゆとりです。

キモオタの僕が、秋葉原の耳かき専門店「山本耳かき屋」に潜入してきた!!殺人事件もあった、東京で最も有名なお店です

先日は、見事に僕の恋心が粉砕された結果に終わってしまいましたが、今回僕が行ってきたお店は・・・

色々と世間を騒がし、その労働形態やサービスが問題となっている、東京・秋葉原の『JKリフレ』

ココに潜入してきました。

みなさんは、ご存知でしょうか?

秋葉原 JK(女子高生)通り-5

2年前の2013年、秋葉原を中心とした都心で、100人以上もの女子高生が保護され、20店近くの店舗が摘発された事件。

警視庁は、18歳未満による個室でのマッサージが、性的興奮を与える有害業務と位置づけ、「労働基準法違反」によって、「JKリフレ」と謳った店舗を一斉に摘発しました。

参考元:exciteニュース:JKリフレ逮捕・摘発でも過激化必至な “女子高生フーゾク” の今後

この摘発以降、規制が厳しくなり、18歳未満によるリフレサービスをおこなっている店舗は、ほぼ「0」になりましたが、

一方で、ギリ18歳のJK や、「ハグ」や「添い寝」といったグレーゾーンのサービスは、未だに行われてる店舗もあるようで、それが問題視されているニュースもチラホラ見かけます。

そこで今回、その実態を探るべく、僕:ゆとりが、JKリフレを謳っているお店に行って、潜入調査してきました。

(あくまで、”調査”が目的だからな。)

(JK と会いたい・話したい・触れあいたい・・・なんて思ってねーからな)

(分かったか・・・?)

事前調査 : 東京・秋葉原のJKリフレ店「はぴはに」

東京・秋葉原のJKリフレ店「はぴはに」-1

東京・秋葉原には、JKリフレを謳っているリフレ店はいくつかあるようで、ググってみるといっぱい出てきます。

個人的にはどこでも良かったので、1番最初に目に止まった「はぴはに」というお店に注目しました。

→ はぴはに:公式ホームページ

こちらの公式ホームページ上では、制服姿というのは、あくまでコスプレでやっている事がわかるし、求人情報ページの「応募資格」を見てみても、

18歳以上から可ではるが、女子高生は禁止。という記載がちゃんとされている。

→ はぴはに公式:求人情報

では、サービス内容(システム)を見てみよう。

→ はぴはに公式:サービスメニュー

なるほど、なるほど。

サービス内容的にも、ハンドマッサージや足踏みマッサージ等、特に問題となりそうなメニューはない。

(ハグや添い寝など・・)

うむうむ。

ネット上の情報からは、特に違法性があるようなネタはなく、ちゃんとした店であることが分かる。

だーーーが、僕はネットオタクだ。

ネット上に書かれている事が全て真実だなんて、微塵も思っちゃいないさ!!

ネット上でしか知りえない人物像と、実際会った時の人物の違いに、仰天して心臓が飛び出そうになった経験、、、きっとあなた達もあるでしょう。

ということで、ココはもう現場検証しかない。

実際に、現場に行って体験してみるしかないのだ!!

ちなみに、料金的には、

どのメニューを選んでも、「時間」で決まっていて、

20分 : 2500円
40分 : 3900円



となっており、セラピストを指名すると、「20分:1000円」の指名料が掛かるようだ。

( なるほどなるほど、2500円で JK に踏んでもらえるわけだ )

( 「キモイんだよ、オッサン」と罵られ、踏みつけられるというのも、これはこれで新たな境地の興奮をおぼ・・・)

秋葉原到着 : JKリフレ店「はぴはに」への道のり

秋葉原駅到着 : JKリフレ店「はぴはに」への道のり-5

秋葉原駅到着だ。

JKリフレの「はぴはに」までは、電気街口から歩いて、約5分ほどみたいだ。

まず、電気街口を出たら、「中央通り」まで出よう。

秋葉原 JK(女子高生)リフレの「はぴはに」への道-7

この道が中央通りだ。

この通りに出たら、ソフマップやドンキホーテ方面にずっと真っ直ぐ進んでいき、

ドンキを越したあたりで、「中央通り」を渡って欲しい。

すると、「サイゼリア」が近くに見えると思います。

秋葉原 JK(女子高生)リフレの「はぴはに」への道-5

(僕が行った時は、こんな感じで数人の「JK」がキャッチをしていました。。)

サイゼが見えたら、その隣の隣のビルあたりに「はぴはに」が在り、この看板が目印だ。

JK(女子高生)リフレ「はぴはに」 到着-3

JKリフレ店:「はぴはに」に到着!!女子高生のみぃちゃんに踏まれながらも、好きになってしまった結果・・・

「はぴはに」は、ビルの「6F」にあるようだ。

秋葉原 JKリフレ店:「はぴはに」-1

ビルに入ると、エレベーターがあるので「6F」へ上がろう。

エレベーターの扉が「6F」で開いたら、とりあえず大音量で流れているジャニーズの音楽が聴こえきた。

音量が大きすぎて、ちょっと尻込みしたぐらいだ。。

で、すぐに受付けの方から「いらっしゃいませー」と声が聞こえてくる。

受付けの店員も、JK の姿をしていた。

秋葉原 JKリフレ店:「はぴはに」 女子高生姿の受付-1

受付けの横には、こんな感じで出勤している女の子の顔写真が並んでいて、

JKリフレ店:「はぴはに」 出勤メンバー一覧-2

コレを見ながら、一通りシステムの説明を受けた上で、僕は「足踏みコース」を指定して、「みいちゃん」を指名した。

(とりあえず弁解しとくが、別に ”JK に踏まれたいよーニヤニヤ” なんて、近づくのも躊躇してしまうようなオッサン顔なんてしてないし、そんな変わった「性癖」を持ってるわけでもないからな。)

(あと、「みいちゃん」と指名したのは、指名した方が当然 JK は喜んでくれるし、その方が色々と話を引き出しやすいからだ!)

(指名に深い意味は無いからな。。。分かったか!)

で、、、

受付けにて、一通り説明を受けたら、指名した「みいちゃん」が受付けの奥からやってきて、リフレ部屋へと案内された。

JK(女子高生)みいちゃんの指名-4

(こんな感じの店内通路)
秋葉原 JKリフレ店:「はぴはに」 店内-3

リフレ部屋は、木造で作られた壁(隙間あり)とカーテンで区切られていて、こんな感じになっていた。

秋葉原 JKリフレ店:「はぴはに」 施術部屋-4

部屋に着くと、まずは飲み物の注文を聞かれる。

お茶やオレンジジュース、コーヒー等、複数のメニューがあって、僕はコーヒーを注文した。

みいちゃんが、コーヒーを持って部屋に戻ってきた時、よーやく一息ついたように、挨拶が始まった。

JKリフレ「はぴはに」 女子高生のみいちゃん-6

みい:「今日はありがとうございます、アレ初めましてですよね? HP 見てくれたんですか」
僕:「はい! HP 見て、すごくタイプだったので・・」
みい:「わーありがとうございます。大丈夫ですかね?写真とけっこう違ってると思うんやけど」
僕:「いえいえ、実際も可愛いですよ。指名して良かったです・・・」



みたいな、挨拶会話を適当に済ませると、リフレの準備が始まり、僕は横向きに寝かせられ、足の太もも部分に、みいちゃんの足が置かれます。

はぴはに 女子高生みいちゃんの足リフレ-7

そして、力加減を確認しながら、踏まれていくわけですね。

(ニヤニヤしてねーぞ!!)

リフレが始まっても、僕とみいちゃんの会話は続き、お互いの事について色々と喋りだした。

まず気になったのが、みいちゃんの会話のイントネーション。

彼女は、18の時まで関西に居たらしく、今も関西弁が抜けないとのこと。

ちなみに今は、23歳で、普段は「舞台でのお芝居」を中心に活動してるみたい。

今のとこ、将来は「役者になりたい」と冗談交じりに話していた。

また、この仕事をやるきっかけについて聞いてみた所、最初は友達に勧められて、繋がりで入ったとの事だ。

そしたら、やってみると楽しくて、JKリフレ歴は2年になるとの事。

お客さんも、良い人が多いみたいで、変なところを触られたり、ストーカー被害にあったり、、、なんて経験は無いそうだ。

客層は、仕事帰りのサラリーマンが多いのだが、17歳の高校生が来たり、観光客も多いとのこと。

店自体が、ちゃんとしたお店で、18歳未満の女の子は在籍不可だし、グレーゾーンのサービスも無いため、

その辺はキッチリしてるとの事だ。

あとは・・・

オタク全開に、僕の趣味である、アニメ鑑賞やボカロ・ニコニコなど、サブカル全般の話題について、色々と話しをしていたら、

すごく興味あります!!的に、彼女が反応してくれたもんだから、さらにテンションを上げながらベラベラと話していてたら、圧倒いう間に20分間が過ぎ去っていった。。



  • 関西弁のイントネーションで、天然を感じさせる喋り口調のみいちゃん
  • 歳は近いのだが、まだまだ ”あどけなさ” を感じさせ、ホンワカとした空気感を持っているみいちゃん
  • おそらく興味が無いであろう話でも、笑顔で興味ありげに相づちを打ってくれ、話してて気持よくさせてくれるみいちゃん。

僕はたった20分間。たった1200秒の時間だったが、気がついたら「みいちゃん」の事を好きになっていた。

彼女の足の感覚なんて全く感じないほど、僕の脳内は、彼女の事でいっぱいだった。

踏まれているという感触すら楽しむ事を忘れるほど、僕の脳内は、みいちゃんでいっぱいだった。

当初の目的はなんだ・・・?

そう、最初は潜入調査によって、彼女たち(JKリフレ)の実体を暴き出すことだった!

だが、恋の力というものは、すごいモノだ。

いつからか、僕の全ての器官が、彼女とのやりとり・触れ合いを楽しんでいるではないか・・

僕は、決心をした!!

「みいちゃんに告ろう!!」

彼女が送り出しの準備をしているとき、僕は口を開いた。

「あのー、、、たった20分間だったけど、、、短い時間だったけど、一緒に話しててすごく楽しかったし、僕好きになったみたいです」

すると、彼女は冗談交じりに笑い

「本当ですかーありがとうございます!!またぜひ来てくださいねー」

僕は、さらに続けた。

「もし良かったら、連絡先教えてくれませんか・・・?」

すると、彼女は何の躊躇いもなく、きらびやかな髪を流すように

「すいませーん、お店で禁止されてるんですよねー」

まるで、2000回以上は発したことのあるような、断り文句。

「お店で禁止されているんですよねー」

「お店で禁止されているんですよねー」

「お店で禁止されているんですよねー」

そう。

勘違いをしていたのは、紛れも無く「僕一人」だったのだ

彼女にとって、僕は、「2000分の1」でしかない存在だったのだ。

彼女は、満面の笑みで僕に手を振りながら、「ありがとうございましたー」と、100点満点を付けたくなるようなお見送りをしてくれ、

僕は、店を後にした。

最後に : 僕の秋葉原徘徊 はまだまだ終わらない

ゆとり君 秋葉原徘徊!!-1

今回、僕の心には、大きな傷が残った。

だが、キモオタというのは、何回でも這い上がる生き物だ。

今回の出来事も無駄ではない。

JK に踏まれるという、常人では経験することのできない経験を僕はできた。

僕は、まだまだ高みに登っていくぞ。

次回

→ 摘発もあった秋葉原の「JK 添い寝屋:アリスアキバ」に潜入したら、女子高生にビンタされた話・・・

摘発が相次いでいる秋葉原の「JKリフレ店:はぴはに」に潜入して、女子高生にマッサージしてもらいながら色々聞いてきた!」への2件のフィードバック

  1. 秋葉原でリフレ店を経営しているのですが友達になりたいです
    是非一度お会いしたいと思います

    1. 興味を持っていただきありがとうございます。
      ぜひ、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です