虚言癖の意味とは?8つの特徴・症状と原因まとめ ~精神的病気との関連や治療方法、周りの対応についても

虚言癖の意味や特徴をまとめている男性

どーもー、「嘘なんて付いたことありません」なんて嘘を絶対に言いたくない「ゆとり」でーす。

人は誰でも多かれ少なかれ、嘘をつくと思います。

好きな人が作ってくれた料理がどんな不味くても、「美味しい!!ニコッ」って言いますよね。

興味の無い人からデートに誘われても、「ちょっと予定があるんで。。泣」って言いますよね。

「嘘も方便」なんて言葉もあるぐらいです。

僕自身も、人間関係を円滑に保っていくためや、誰かの為になる嘘、誰かを陥れたり傷つけたりしないようにする嘘は、別に良いんじゃないかなって思います。

むしろ、なんでも正直に言う人を僕は苦手です。

「おいおい、ちょっと空気読めよ!!」なんて思っちゃいます。

ただ、「嘘」が信用を無くすのもまた事実で、「明らかに分かる嘘なのに、なんでこいつ、こんな嘘つくんだろ?」って不信に思う事もけっこうあります。

仲の良い友達や、恋人、家族だったら尚更ですよね。

さらに、「虚言癖」だったりしたら、、

※虚言癖とは、日常的に嘘に嘘を重ねてしまうことで、その名の通り、嘘をつくことが癖(クセ)になってしまっています。

普通、嘘をつく場合、何かしら理由があってつくものですが、虚言癖の場合は、なんにも理由がなく何の意味も無いのに嘘をついてしまいます。

本当に、クセなんですね。

というわけで今回の記事では、「虚言癖」な人の特徴や、そう陥ってしまう原因について。

また、精神的な病気との関係や、治療方法についても順に解説していきます。

以下、目次。

  1. 虚言癖な人の9つの心理的特徴と原因
  2. 虚言癖と関係のある精神的病気:8選
  3. 治療方法と、周りの人が取るべき対応(関わり方)について

虚言癖な人の9つの心理・特徴と、原因まとめ

虚言癖の心理的特徴と原因について-1

まずは、虚言癖の特長について、順にまとめていきます。

  1. 「プライドが高く虚栄心が強い」

    ・彼氏がいないのに「彼氏がいる」と言う。

    ・モテないのに、「異性にモテる」と自慢する。

    ・金を持ってないのに、「金持ち」だと言う。

    ・●●の仕事ができないのに、できると言う。

    虚言癖の人は、このように本当の自分よりも大きく見せようと、嘘をつく傾向にあります。

    要は、見栄を張っちゃうんですね。

    また、周囲から自分が劣っている状態や、バカにされる事を極端に嫌うので、そんなプライドの高さから、このよう嘘を言ってしまうのです。

  2. 「劣等感が強い」

    虚言癖の人が上記のように、虚栄心が強く見栄を張っちゃうのは、結局は人一倍「劣等感」が強いからです。

    自分に自信が無いから、それを補うために嘘を付いてしまうんですね。

  3. 「承認欲求が強い、かまってちゃん」

    虚言癖の人は、周りにかまってほしい。認められたい。目立ちたい。という気持ちを人一倍持っています。

    だからこそ、嘘まで付いて相手の気を引こうとするんですね。

    要は、かまってちゃんなんです。

    かまってちゃんな男女のうざい心理的特徴と対処法(治し方)まとめ ~メンヘラ彼女・彼氏との付き合い方も!

  4. 「孤独や寂しさを強く感じている」

    だからこそ、上記のような「かまってちゃん」な行動を取ってしまうんですね。

    虚言癖の人は、かまってちゃんであると同時に、メンヘラでもあるのです。

    (メンヘラの生態については、以下の記事にてまとめているので良かったらぜひ。)

    → メンヘラの意味とは?25の特徴や症状、原因や治し方(治療法)まとめ ~メンヘラ女子と付き合いたい時の対応ポイントも!

  5. 「自分が傷つきたくない防衛本能が強く、正当化をしてしまう」

    これは、プライドが高い事にも繋がってきますが、虚言癖のある人は、自分が傷つくことを極端に嫌います。

    例えば、自分が何か失敗や悪いことをした時に、それを隠したり言い逃れするために「嘘」を付いたりします。

    そうやって自分を正当化するよう、人一倍の防衛本能が働いているんですね。

  6. 「努力や苦労が嫌い」

    虚言癖の人は、プライド人一倍強く負けず嫌いなくせに、努力や苦労が嫌いな特徴があります。

    だけど、他人には認められたいがために、手っ取り早い「嘘」に逃げるわけですね。

    例えば、仕事中なのに喫茶店に入って仕事をサボる営業マンや、勉強をせずに漫画やゲームばかりやっている学生。

    また、仕事をすぐに辞めたり、続かなかったりする傾向もあるようです。

  7. 「重大な秘密を抱えている」

    誰にも言えないような秘密を抱えているような人も、嘘に嘘を重ねて虚言癖になっている人が多いようです。

    「浮気」、「多額の借金」、「犯罪者」etc

  8. 「悪気は無い」

    虚言癖の人は、だいたいが虚栄心や承認欲求を満たすために嘘をつくので、特に悪気があって嘘を付いているわけではありません。

    嘘の内容も、本当にどうでもいいような些細なことで、見ていないアニメを見ていると言ったり、知らない事を知っていると言ったり、、

    だいたいの嘘は、特に悪気は無く、本人が自覚すらしていない事もしばしばです。

  9. 「友達が少ない」

    日常的に嘘をつき続ける人と言うのは、長期的には周りの人が離れていってしまうので、孤独だったり友達が少ないといった傾向があります。

以上、虚言癖な人の9つの心理・特徴でした。



続いて、人が虚言癖に陥ってしまう根本的な原因について。

虚言癖な人は、過去に何かしらのトラウマを抱えています。

そして、そのほとんどが親子関係などの家庭環境に起因していると言われています。

親からの愛情を受けずに育ってしまった。もっと酷いとDVや虐待、貧困など。

そうやって育ってしまった子供は、自分自身に劣等感を抱きやすく、また他人からの承認欲求も人一倍強くなるので、それらが関係して「嘘」をついて、自分を満たそうとしてしまうのです。

一方で、親からの圧力が強い環境で育ってきた人も虚言癖になりやすい傾向があるようです。

「良い成績を取りなさい。良い学校へ行きなさい。良い会社へ就職しなさい。」

このような圧力によるストレスを軽減するために、「虚言」が始まっていくのです。

虚言癖と関係のある精神的病気:8選とその症状

虚言癖と精神的病気について

一概に虚言癖といっても、そこには症状が軽いものから重いものまであって、病的なほど重いものには、精神的な病気の可能性もでてきます。

例えば、本人が嘘か本当かどうかを認識できていなくて、(嘘なのに)本人は本当の事を言っていると思っているようなケース。

嘘や妄想と現実の区別が付いておらず、時に記憶すらも曖昧となっているようなケース。

このような場合は、単なる虚言癖ではなく、精神的な疾患(病気)を抱えている可能性が高いです。

というわけで、虚言癖と関係のある精神的病気を以下にまとめてみました。

  • 「虚偽性障害(きょぎせいしょうがい)」

    「体調が悪い」・「熱がある」・「頭が痛い」等々と嘘を付いて、周りから病人のように接してもらえるよう望む精神障害の一種です。

    要は「仮病」を使って、医師や看護師、その他周りの人から心配されたり献身的に扱われることを望むわけですね。

    そして、虚偽性障害の中で最も重症なのが、「ミュンヒハウゼン症候群」と呼ばれる精神疾患です。(次)

  • 「ミュンヒハウゼン症候群」

    上述のとおり、虚偽性障害に分類される精神疾患の一種です。

    病名は、「ホラ吹き男爵」の異名を持ったドイツ貴族:ミュンヒハウゼン男爵から命名されました。

    虚偽性障害と同様に、病気を装う嘘をついて同情や心配を買うんですが、そのために自らの体を自傷したり、検査のさいに偽造工作をおこなうなどの行為を行います。(体温計にカイロを貼ったり、尿に変な液体を入れたり等)

  • 「認知症」

    こちらは良く聞く病気ですね。

    65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが厚生労働省研究班の調査で明らかになったそうです。

    代表的な症状は記憶障害で、過去の出来事だったり直前に起きたことでもでも忘れてしまう障害です。

    当然忘れてしまっているため、本人に悪意は無いのですが、結果的に発言が嘘ばっかりになってしまいます。

    また、記憶障害の他にも、時間や場所など、自分が置かれている状況を正しく認識できなくなったり、妄想や幻覚を見るようになったりもします。

  • 「統合失調症」

    幻覚や妄想などから、明らかに間違っている考えや出来事を、強い確信をもって信じ込んでしまうことです。

    「電車で前の人や近くにいる人が喋っているのは、自分の話題だ」

    「テロ組織に自分が狙われて、監視されている」

    「誰かに操られている」

    等々。

    このような根も葉もない事を本気で信じ込んでしまうため、他人には理解しがたく、頭がおかしくなったと思われてしまいます。

    仮に矛盾点を指摘しても、本人はそれを信じきっているので聞く耳をもちません。

  • 「自己愛性パーソナリティ障害」

    パーソナリティ障害の一種で、自分は特別な存在だという誇大な自己意識を持つ事を特徴とする障害です。

    偉大な自分や華々しい成功を妄想したり、他人に対して特別扱いを求めたりしますが、他人への配慮は無頓着になりがちです。

    なので、自分の評価を毀損する場面になると、嘘を付いて自分を正当化しようとします。

  • 「演技性パーソナリティ障害」

    こちらもパーソナリティ障害の一種で、他人の関心や注目を過剰に求める特徴をもちます。

    大袈裟で興奮しやすく、芝居がかっている行動が多いために自分への評価を損なったり、信用をなくしてしまうような事もしばしばです。

    この障害を持っているのは女性に多く、人々の注目を集めて魅力的だと思わせるために、嘘を付いたり男性に媚を売って、派手な服装や性的なふるまいをするなど、ありとあらゆる手段をとります。

    「小悪魔」という言葉が一番近いイメージのパーソナリティ障害です。

  • 「妄想性パーソナリティ障害」

    こちらもパーソナリティ障害の一種で、別名:「猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害」とも呼ばれ、とにかく他人を疑い信用できない精神疾患です。

    まったく理由や根拠が無くても、「他人が自分を利用する」・「危害を加えられる」・「騙される・陥れられる」と、思い込みます。

    そうやって相手に対しても攻撃的になり、いくら弁解されてても、まったく聞く耳を持ちません。

以上、虚言癖と関係のある精神的病気のまとめでした。

続いて、

虚言癖を治す治療方法と、周りの人が取るべき対応(関わり方)について

虚言癖の治療方法まとめ-3

まずは、虚言癖を治していく際のポイントについて以下にまとめていきます。

  1. 「意識的に嘘を付かない。と心がける」

    虚言癖の人達は、無意識に嘘をついている事も多いため、まずは意識的に嘘を付かない!と心がけることが重要です。

    なにしろ、クセですからね。無意識の場合も多いのです。

  2. 「嘘のメリット・デメリットを意識する」

    嘘を付いても、状況は何にも変わらない事がほとんどです。

    メリットがあったとしても、その場・その時を上手い具合にやり過ごせるぐらいでしょう。

    そして、それは長期的にみればデメリットにもなります。(嘘がばれる等)

    そして、内容によっては嘘を付いたことに後ろめたさを感じてしまう事もあるでしょう。「本当は真実を言いたいのに」とモヤモヤすることもあるでしょう。

    そうやって心理的に負担を抱えていき、それはやがて人間関係などにも響いてきます。

    虚言癖は、冷静にメリット・デメリットで考えると、このようにデメリットの方が大きいケースがほとんどなのです。

  3. 「バレた時のリスクを想像する」

    これも上記に通じますが、結局、嘘は短期的にはごまかせても、長期的には厳しくなっていきます。

    嘘に嘘を重ねていって、矛盾が生まれ辻褄(つじつま)が合わなかったりして、がんじがらめに、、

    そしてそれは、友達や恋人、仕事の人などの「信用」を失います。

    虚言癖は、長期的にみて結局、自分自身が損をしてしまうんです。

    「誰もあなたの元にいなくなりますよ」
  4. 「このままだと、見せかけだけの薄っぺらい関係しかできないと自分に言い聞かせる」

    これも上記に関係しますが、虚言癖の人は、仕事や友情・恋愛が長続きしない傾向があります。

    あなたが嘘を付き続ける限り、一生誰からも本物の愛情や友情を得ることはできないでしょう。

    「嘘で塗り固められた関係性がほしかったんですか?」

    将来的には孤独が待っていて、誰も寄りつかないし誰も心配しない。そんな状況が待っています。

  5. 「精神科医や心理カウンセラーに相談」

    特に、上述しているような病的なほど重い虚言癖に該当する方は、「意識改革」や「心持ち」で改善できるようなレベルではありません。

    病院に行ってください。

  6. 「聞くことに集中してみる」

    虚言癖の人は、その場の話題に合わせて「知ったかぶり」をして話してしまいがちです。

    (虚栄心や承認欲求が強いから)

    なので、そんな時は「聞き役」に徹してみてください。自分から発信することを抑え、聞き役として「質問」をするようにするのです。

  7. 「自分のいる環境や、付き合う人を変える」

    嘘をつかなくても良い環境や人。

    虚言癖は、これを一度考えてみるのも大事だと思います。

    誰しも、「この人の前だと強がってしまう」・「この人の前だと素でいられる」といった相手がいると思います。

    例えば、恋人であれば、見えを張って強がってしまうよりも、安心できて素でいられる人と一緒にいるようにするとか。

    また、嘘をつく時の特徴に、自分に自身が無かったり劣等感が関係しています。

    なので、自分の得意なことや好きなこと・幸せを感じれる場所。そんな環境を選ぶと変わってくるでしょう。

    「自分が何に向いているのか?」

    「自分がやりがいを感じる事は何か?」

    「他人から必要とされ賞賛されるようなことがあるか?」

    これらを一度考えてみてください。

  8. 「誰といるときに、どんなネタで嘘をついてしまうのか?」

    これも上記に関係していますが、

    「虚言癖の人は、誰といるときによく嘘をついてしまうのか?(友達?恋人?)」

    そして、

    「どんな話題でよく嘘をついてしまうのか?(趣味?恋愛?お金の話?仕事?)」

    これらを把握しておくことで、意識して治していくことができます。

以上、虚言癖を治していく際のポイントでした。



続いて、虚言癖の人に対して、周りが取るべき対応(関わり方)について、以下にまとめていきます。

  1. 「距離を取る」

    相手が虚言癖の場合、嘘をつくことに悪いと思っていなかったり、自覚すらしていなかったりします。

    そして、嘘を指摘しようものなら、今度は自分が標的になって思わぬ被害にあったりもします。

    なので、特に大切な人でもなければ距離を取ることをおすすめします。

  2. 「嘘をなるべく指摘しない」

    虚言癖の人に嘘を指摘しても、それで治るわけじゃありません。

    プライドが高い彼らは、必ずその指摘を否定し認めませんし、

    逆に、嘘を嘘を重ねてエスカレートしていったり、指摘したあなたに悪意を向けて、あなたが悪者になる可能性もあります。

    なので、相手を刺激せずにスルーすることが一番です。

  3. 「証人を準備する」

    だからといって、仕事上の関係だったり大事な話の場合は、スルーできないと思います。

    その場合は、第三者に同席してもらい証人を準備しておくことです。

  4. 「承認欲求を満たしてあげる」

    「褒める・必要とする・気にかける・愛する」

    人一倍、承認欲求が強い虚言癖の人達には、このように接してあげることで満足するし、こうすることで「嘘」を減らすことにも繋がります。

以上です。

ではまた、じゃーねー。

虚言癖の意味や特徴をまとめ終えた男性

(言っとくけど、僕は虚言癖じゃないからな。)

P.S. 以下の記事も参考にしてみてください。

→ 嘘つき男女の心理と特徴・病気まとめ ~嘘ばかりつく人への対応と、彼氏・彼女の嘘を見抜く方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です