ハロウィンの日にちっていつ?ハロウィンやトリックオアトリートの意味や由来・起源など色々と調べてみた~10月31日の憂鬱~

ハロウィンの日にち(10月31日)を前にして、憂鬱になるゆとり君-2

どーもー、毎年毎年この時期(10月下旬)になると、憂鬱で憂鬱で引きこもりたくなる「ゆとり」でーす。

そう、、『ハロウィン』です!!

10月の中旬ぐらいから、街は「ハロウィンムード・一色」になっていき、そこら辺の商店では、ハロウィンの装飾がなされ、

いたるところで、「ハロウィン仮装パーティー」なんかが、おこなわれています。

さらに、下旬から当日にかけては、街中に、仮装コスプレした奴らが、ウジャウジャと沸いてきて、、そりゃもう迷惑極まりないです。。

「ねーねー、私を見てー。綺麗でしょー派手でしょー。もっと注目してー」

と言わんばかりに、自己顕示欲を街中で満たしつつ、ナース服姿のコスプレや、露出度の高い小悪魔的コスプレをしながら、視線を誘うビッチ達。

一方で、自分に自信をもったイケイケの奴らが、酒の勢いと共にナンパしに行き、お持ち帰りを狙うオオカミ男達。。

こーゆー奴ら、、いわゆるクソ・リア充共で街は溢れかえるのが、「ハロウィン」なのだ。

ハロウィンの日にち(10月31日)の渋谷の街-2

ハロウィンの日にち(10月31日)の渋谷の街-1

ハロウィン当日の渋谷の夜-3

渋谷の街では、こんな感じで、リア充達がゴッタ返すため、数百人の機動隊が出動し強制的な通行規制がおこなわれるまでになっている。。

→ NHK NewsWEB:ハロウィーン渋谷、本日未明にかけ混雑

だから、とてもじゃないが、僕のような草食人種は、画面越し(ネット or TV)に、彼らを見て、妬み・嫉妬し、蔑む(さげすむ)ことぐらいしか出来ないのだ。。

僕は、この時ふと思った。。

「なんでこんな文化が生まれたんだ。。そもそも、誰がこんな文化を作り出したんだ!!」

ハロウィンやトリックオアトリートの意味や由来・起源について疑問にもつ男性-11

ということで、Google先生に聞きながら、色々と調べてみる事にした!!

そもそも、ハロウィンの日にちっていつ?

そもそも、コレな。。

10月の中旬あたりから、ハロウィンムードが高まっていき、装飾などがされた店が増え、

下旬あたりから、街中で、仮装コスプレした馬鹿共を見かけてくる。

なので、一定の期間を総称して、「ハロウィン」と呼んでいるのかと勘違いしている人も多いと思うが、、

実際は、10月の最終日である「10/31」のみが、「ハロウィン」を指すので、間違えないよーに。

(1日遅れで、「11/1」とかに仮装して街を歩いても、誰一人仮装なんてしてなくて、恥ずかしい思いをするだけだから気を付けろよ!)

ハロウィン(Halloween)の意味や由来・起源とは・・・もともとは、悪魔・悪霊払いの儀式だった?

ハロウィンの意味や由来・起源について-1

「ハロウィン」というのは、もともとヨーロッパで発祥した宗教的文化で、それがアメリカに渡って、近年になって、日本にやってきた文化になります。

(来なくて、良かったのに。。)

その昔、ヨーロッパのキリスト教の人たちは、全ての聖人と殉教者を記念する日として、11月1日に「諸聖人(しょせいじん)の日」という日を定めていました。

そして、その前日前夜にも、決まって毎年「祭り」がおこなわれるようになっていき、それが、「ハロウィン」というわけです。

(要は、「クリスマス・イブ」的な位置付け)

で、、名前の由来的には、諸聖人=「Hallow」 + 前夜(夜)=「evening」から語呂を取って、「Halloween」と呼ばれるようになったと言われています。

また、「諸聖人の祝日」は、別名「万聖節(ばんせいせつ)」とも呼ばれていて、、

日本の「お盆」のような意味合いも含まれています。

みなさん、「お盆」になると、先祖供養に墓参りをしたり、迎え火や送り火を焚いて先祖の霊があの世とこの世の行き来を間違わないようにしたりしますよね。

それと一緒で、この「万聖節」でも、死者の霊が親族を訪れる日と考えられているのですが、日本と違う点は、その霊と一緒に、「悪魔や悪霊」も一緒についてくると信じられていた点です。

その悪霊達は子どもたちをさらったり、作物や家畜に害をなすと考えられていたため、

キリスト教の人達は、家の周りを徘徊する悪霊達を驚かせて追い払うために仮面をかぶったり、悪霊や魔女と同じ格好をして彼らの仲間だと思わせたり、魔除けの焚き木(たきび)を焚くようになりました。

ハロウィンの由来や起源:悪魔ばらい-1

※ここから、ハロウィンでは「仮装」をするという習慣が生まれたと言われています。

で。。

この「万聖節」の起源を辿っていくと、

もともとは、キリスト教ではなく、「2,000年」以上も昔に居たとされる「ケルト民族」の民族行事だと言われていて、

「ケルト民族」の宗教に「ドルイド教」というのがあり、

「ドルイド教」では、「10/31(秋の終わりの日と言われていた)」の夜に、秋の収穫を祝い、その日にやってくると考えられていた悪霊を追い払う祭り:「サウィン祭」がおこなわれていた。と言い伝えられています。

その後、キリスト・カトリックが「ケルト民族」を侵略していき。侵略後、カトリック系は、この文化を自分たちの宗教に取り入れていきました。

それが、後に「万聖節」となって、さらに「ハロウィン」と呼ばれるようになったわけです。

なので、イベント(お祭り)そのものはケルト民族の文化で、呼び名に関しては、キリスト教から由来されたモノと言えるでしょう。

参考元 : ハロウィンの起源と由来!ハロウィーンって何の行事?

トリック・オア・トリート(Trick or Treat)の意味や由来について・・・なぜ、「ハロウィン」では子供がお菓子をおねだりするのか

トリック・オア・トリートの意味や由来について-1

ハロウィンと言えば、「トリック・オア・トリート」という言葉も有名だろう。

みなさん、コレどーゆー意味か知ってましたか?

「Trick or Treat」・・・「Trick(いたずら) か Treat(お菓子)」

要は、「お菓子くれないと、いたずらしちゃうよーーー!」って意味です。

もともとの由来は、アメリカでは、ハロウィンの夜に仮装した子供たちが、他の家の玄関や窓を叩いて「Trick or Treat」といってお菓子をおねだりする風習があって、そこから来たと言われていますが・・

もっと古く。。。中世ヨーロッパで、祭り(ハロウィン)の食料の残りを子供達がもらって歩いた。という所からキタという説もあります。

「お菓子くれないと、いたずらしちゃうよーーー!」って、可愛い美少女が言ってきて、「イタズラされたい、ドゥフフフ」と気持ち悪い妄想をしてしまった僕は、色々と終わってる気がする。。

トリックオアトリートの意味を知って妄想する男性-0-2

「ジャック・オー・ランタン」の意味や由来について・・・なぜ、ハロウィンでは「かぼちゃのお化け」が有名なのか

ジャック・オー・ランタン(かぼちゃのお化け)の意味や由来-1

こちらも、ハロウィンでは有名な「かぼちゃのお化け」です。

正式名称は、「ジャック・オー・ランタン」って呼ばれてんだって・・(みんな知ってた?)

でも、そもそもなんで「かぼちゃ」なのか・・

実は、かぼちゃには「お守り」や「魔除け(まよけ)」といった意味があるそうです。

上述している通り、ハロウィンの日には悪魔や悪霊たちが集まってくるので、中世ヨーロッパの人たちは、かぼちゃを提灯がわりにして、「悪霊から自分の身を守ってくれるアイテム」として、持つようになったと。。

さらに、かぼちゃに灯す「ロウソク」は、日本のお盆と同じで親族の霊を迎え入れる為の目印としての意味合いもあったとの事。

ちなみに、この「かぼちゃ提灯(お化け)」が、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるようになった由来は・・

ジャックと呼ばれる男の人が、ランタン(手提げランプ)を持っていて・・・(忘れた)

もし、由来が気になる人は、以下の記事にて詳しく解説されてるので、見てみてください!!

→ 豆知識PRESS:ハロウィン・かぼちゃの由来とジャック・オー・ランタンの意味!

最後に・・・10月31日ハロウィン当日、僕も仮装して「悪魔払い」に備える事にした。。

10月31日ハロウィン当日、もともとの由来・起源であった「悪魔祓い」にそなえる男性-11

ここまで聞いたら、僕も「10月31日」のハロウィン当日に向けて、「悪魔払い」に備えるしかないよね。。

そんな、渋谷の街とかにいって、「ウェーイ」とか言って、ウェーイ系リア充人間になってる場合ではありません。。

『悪魔が来たら、どーすんだよ!!』

って事で、僕は一人コツコツと、「悪魔払い」に備える事にした。。

そして、「10月31日」当日。。

ハロウィンの日にち(10月31日)に、そなえたゆとり君-20

「悪魔」どころか、誰一人、僕の家に来ることはなく、連絡一つ誰からも無く、一人平和にハロウィンを過ごすことができた。。

※当日の、もっと詳細は模様は以下の記事にてまとめているので、ぜひ!!

→ 自宅で「一人ハロウィンパーティー」を開催!!仮装コスプレして、部屋の装飾・飾り付けや、お菓子・かぼちゃ料理を作ってみた

では、じゃーねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です