仕事が疲れたので、途中で勝手に帰宅してみた・・・

どーもー、ゆとりです。

社会人3年目のゆとりです。

3年目にして既に会社を辞めたいと懇願していて、引きこもりニートになりたいゆとりです。

あと何回、「サザエさん症候群」を発症して体調不良になれば良いんでしょうか?

あと何回、「社畜」というワードを用いて、自虐ネタをおこなえば良いんでしょうか?

あと何回、現実逃避して、アニメの世界やアイドルとの握手会に行けば良いんでしょうか?

  • 「会社行きたくないの?・・・じゃ、行かなくて良いじゃん」
  • 「仕事放棄したいの?・・・じゃ、放棄すれば良いじゃん」
  • 「はやく自宅に帰りたいの?・・・じゃ、勝手に帰れば良いじゃん」

ある時、こんなお言葉が、天から降り注いできた。

「そっか!!行きたくなければ行かなくて良いし、帰りたければ帰れば良いんだ!!」

なんだか、すごく気持ちが楽になってる気がした。

・・・

という事で、疲れて帰りたくなったので、勝手に帰ってみた。

ゆとり君 仕事をやめ途中帰宅-1

時間は15:00過ぎで、外は太陽が照りつけ、オフィスは社員が黙々と仕事をしていた・・・

社員が仕事をしているオフィス-1-2

こんな感じで、皆さん黙々と、画面と睨み合いながらキーボードを無表情で叩き、「沈黙」が続いています。

そこで僕は、静かにマイパソコンの電源を切った。

ゆとり君's PC-1-3

そして、静かに立ち上がり、なにも悪びれる様子もなく堂々と歩き、オフィスのドアに手を掛けた。

オフィスのドアノブ-1-4

オフィスを出て、共有通路を歩き、エレベーターを待つ僕。

表情は平静を装っているのだが、なぜか心臓がバクバクしていた。

オフィスのエレベーターを待つゆとり君-2

別に、エレベーターに向かってくる足音が聞こえたわけじゃない。
上司の怒鳴り声が聞こえたわけでもない。

なのに、なぜか妄想してしまう最悪のシチュエーションが、心臓の動きを活発化させていた。

別に悪いことなんて、なにもしてないのに、、、

ただ、帰るだけだ。。。そう

「帰りたいから、帰る」

それだけだ。

エレベーターを待つ時間が、なぜかものすごく長く感じたのだが、、、なんとかオフィスビルを脱出することができた。

青空が一面に広がり、太陽が最上級に照りつけてる「外」の空間は、僕に、これでもかと開放感を与えてくれた。

『自由だーーー』

1862年に、アメリカ合衆国の大統領である「リンカーン」が発した「奴隷解放宣言」

この声明を受け取った奴隷たちの心境とは、こーいったモノなのだろう。

自由とは何よりも素晴らしい!!

「民主主義、ばんざーーーい!!!!」

オフィスを抜け出し、自由を感じるゆとり君-3

(嬉しさの余り、勢い余りすぎてパンツがはみ出してしまったが、特に問題は無い)

ここからは、僕の僕だけの時間だ。誰にも邪魔させない。

「そうだなー、せっかくこんな早い時間に帰れるんだ!」

「普段は早々と通りすぎる場所も、今日は思う存分寄り道できるぞ!!」

ということで、

思う存分、ブランコで遊んだり

公園でサボるゆとり君-4-1

遊んだり、、、

公園でサボるゆとり君-4-2

10年ぶりに、スベリ台に登ってみたり・・・

公園でサボるゆとり君-4-3

思う存分、立ち読みしたり・・・(エロ本じゃねーぞ!)

コンビニで立ち読み-6

思う存分、授業中のガキ共を見て優越感に浸ったりして、

通勤経路の学校前-5

思う存分、自分だけの時間を過ごす事ができた。

また、帰宅前という事で、電車内も広々と空いてるではないか!!

広々と空いている電車内-7-1

ということで、こんな感じで、ゆったりとくつろぎながら帰ることが出来た。

広々と空いている電車内-7-2

広々と空いている電車内-7-3

(向かいの座席のおばちゃん達が、おもむろに本を読みだしたり、ノートを取り出したりしたのだが、特に問題はないようだ。)

仕事を途中で放り投げて、勝手に帰ることは、こんなにも素晴らしい事なのか・・・

家に帰ってからも、時間はまだまだ大量に残されている。

いつもだったら、社畜生活に疲れ果て、自宅に着いてもカップラーメン食って、風呂入って、床に就いてバタンキューだ、、、

だーが、今日は違う。

今日は、時間だけでなく体力も余り余っている。

そして、勝手に会社を抜け出して家に帰った背徳感がある一方で、妙に気分が高揚している。

なんでだろーか・・・

「頭痛いよ、お母さん」と嘘をついて、学校をズル休みしたときの、あの感覚に近い。

ということで、ポテトチップスでもつまみながら、アニメでも見るか。

会社をサボり、アニメを観る-8-1

会社をサボり、アニメを観る-8-2

好きな時に好きな事して、食べたい時に食べたい物を食べ、いつでも美少女が癒してくれる。

そして・・・

会社をサボり、眠りにつくゆとり君-9

眠くなったら寝る。

あーーー、なんて充実した「1日」なんだ。

自由に時間を使えるって、こんなにも素晴らしいことなのか。

「脱社畜宣言(1日)」

そんな事を思いながら、気持ちの良い眠りにつこうとしたその瞬間、、、

突然、僕の携帯が光り出し震えだした!

凍りつく空気、、、

そもそも、僕の携帯が震えだす事なんて滅多に無いことだ、、、

周期的には、週に1回程度で、大体が画面上に「母親」と表示される。

唐突に震えだした電子機器(携帯)に、脅える僕。

覗き込むようにして確認した画面上には、恐怖の6文字が、、

「●●●●●●(会社名)」

会社からの電話-10

僕:「もしもし・・・」

上司:「今どこ?」

僕:「家です」

上司:「誰かに共有した?」

僕:「いえ」

上司:「なに考えてるの?」

僕:「すいません、体調悪くて」

上司:「体調悪いのはイイんだけど、勤務時間内に早退するなら、上司に相談するのが当然だよね?」

僕:「すいません」

上司:「社会人として、、、というか「人」として当たり前な事だと思うけど」

僕:「・・・」

上司:「はぁー、、、で、今日中に終わらせる予定だった、●●の作業は?」

僕:「すいません、終わってません。明日中には終わらせます」

上司:「いやいや、今日中という事でスケジュール組んでたよね。●●君だけの問題じゃないんだけど。」

僕:「すいません、土日出勤して穴埋めします」

上司:「はぁー、、、了解。じゃお大事に。」

僕:「はい、失礼します」



シーンとした部屋で、心臓の鼓動だけが聞こえ、呆然としながら携帯を持ってる手を見てみたら、鳥肌が立っていた。。。

結論 : ※良い子はマネしないでね

次の日、僕がどんな心境で出社し、どんな状況になったかは、ご想像にお任せしよう。

どーやら、「自由」というものは、それなりの「リスク」があるようだ、、、

「脱社畜宣言」を掲げる戦士たち、、、いや、同志たちよ!!

今回の出来事は、イイ教訓になった。

社会人として生きていく以上、帰りたいからといって、勝手に帰ってはダメなようだ。

(人としてもダメなようだが、、)

だが、こんな事であきらめてはダメだ、、、いずれ「自由」を勝ち取るその時まで。

脱社畜戦争は、これからも続いていくのである、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です