秋葉原の人気メイド喫茶(カフェ):「ぴなふぉあ(1号店)」に行ってきたが、コミュ障すぎて50分間なにも話さずに帰った話

先日行った、秋葉原のメイド喫茶(カフェ)でのチェキ

どーもー、先日「@ホームカフェ」に人生で初めて行って、終始モジモジしていた「ゆとり」です。

→ 秋葉原の人気メイド喫茶:「@ほぉ~む(アットホーム)カフェ」に行ってきたが、コミュ障すぎて50分間なにも話さずに帰った話

で、、今回はですね、秋葉原のメイド喫茶界隈では有名な「ぴなふぉあ」というお店に行ってきました。

というのも、先日10年ぶりに「電車男」のドラマを見返して観たんですよ。

「電車男」のドラマを10年ぶりに見返してみたら、笑えなくなってた話・・・

その本編にて、主人公含めオタク3人衆がよく行くメイド喫茶があってですね。

電車男の舞台となったメイド喫茶「ぴなふぉあ(1号店)」-3

ココが、僕が今回行くことになった「ぴなふぉあ」というお店です。

まぁよーするに、「電車男」のロケ地として使われてたから、行ってみよーって。なったわけです。

ちなみにこの店が開店したのは、「2003年」ということで、今から10年以上も前。

実は、「@ホームカフェ」よりも老舗のお店なんですね。

(メイドカフェの中で、一番昔からあるんじゃないかな・・たぶん)

あとは、「電車男」以外にも、デスノートの続編である映画『L change the WorLd』でも、使われたようです。

秋葉原メイド喫茶(カフェ):「ぴなふぉあ(1号店)」 デスノートの映画舞台-10

ということで、実際に行く前に、まずはココ「ぴなふぉあ」について、色々と調べてみました。

まずは下調べ! 秋葉原の人気メイド喫茶:「ぴなふぉあ」について(メニュー・価格や、各店舗(1号店・3号店・ラビリント店)の違い等)

「ぴなふぉあ」は、上述している通り「2003年」に1号店が開店した事から、今年(2015年)で12周年を迎え、メイド喫茶界隈ではかなりの老舗店になります。

現在では、「1号店」・「3号店」・「ラビリント店」と3店舗を秋葉原に構えていて、

  • 「1号店」 : 電車男やデスノートのロケ地となった、王道のメイド喫茶
  • 「3号店」 : ライブ用のステージがあり、お客さんからの要望や、定期的にメイドがライブをおこなってくれる
  • 「ラビリント店」 : バーカウンターがありお酒のメニューが豊富で、平日でも朝の「5時」まで営業している

といった、各店舗の特徴があるようです。

また、単なるメイド喫茶としてだけでなく、「ぴなふぉあ」に在籍するメイドで構成されるアイドルユニット「Pinafa(ぴなふぁ)」があり、毎週定期的に活動しているみたいです。

メイドアイドルユニット pinafa(ぴなふぁ)-1

→ メイドアイドルユニット「Pinafa(ぴなふぁ)」:公式ホームページ

では・・

具体的なシステムや、メニュー・価格ですが、

まず、基本システムとして、

「60分ごとに1オーダー + チャージ料(500円)」が必要となるようです。

メニュー価格については、

  • フード : 1000~1200円
  • デザート : 800~1000円
  • ドリンク(アルコールあり) : 500~700円
  • サイドメニュー(枝豆やからあげ等):400~500円

(この他にも、メイドのオリジナルカクテルや、2ショットチェキ等もある模様)

メニュー一覧など、詳しくは・・・ぴなふぉあ公式ブログ:「メニュー一覧」

なのでまぁ、予算としては、「2000~3000円」ぐらいかなぁと。

ちなみに、営業時間は、

平日 : 11:00~22:00
金・土 : 11:00~翌朝5:00

となっています。

(店によって営業時間は異なるので、詳しくは以下にて・・)

→ ぴなふぉあ公式サイト:初めてのお客様へ

以上、こんなところかなー。あとは行くのみー。

ということで・・・

秋葉原駅到着:メイドカフェ「ぴなふぉあ(1号店)」までの行き方

秋葉原駅 メイドカフェ「ぴなふぉあ(1号店)」までの行き方-5

秋葉原駅に到着したら、まず「昭和通り口」を出てください。

秋葉原駅昭和通り口 メイドカフェ「ぴなふぉあ(1号店)」までの行き方-7

「昭和通り出口」を出たら、すぐに「ビックカメラ」や以下のような「広場」があります。

メイド喫茶「ぴなふぉあ」前の広場-4

この広場、「秋葉原公園」という公園みたいですね!!

メイド喫茶「ぴなふぉあ」前の秋葉原公園-5

で・・・

この広場の左側にある、ちょっと派手な店が「ぴなふぉあ」です。

秋葉原・ぴなふぉあの店頭-6

「昭和通り口」からだったら、「30秒」も経たずに行ける超近場・・・

ということで、到着しました!!

メイド喫茶「ぴなふぉあ(1号店)」前のゆとり君-1

メイド喫茶「ぴなふぉあ(1号店)」に到着!! ~50分間、誰とも喋ることなく帰ったゆとり君~ 

店内に入ると、すぐにメイドさんがやってきて、席へと案内されました。

秋葉原メイド喫茶:「ぴなふぉあ(1号店)」に入店-2

僕が行ったときは、土曜日の「16:00」頃だったという事もあり、並ぶ程ではなかったですが、店内は9割がた、席が埋まっていました。。

秋葉原メイド喫茶:「ぴなふぉあ(1号店)」の店内-3

秋葉原メイド喫茶:「ぴなふぉあ(1号店)」の店内-4

席に着くと、ザッとシステムの説明(1時間1オーダー等)と、メニューの説明がされ、僕は以下のメニューを注文しました。

・カプチーノ
・ミニパフェ

(メニューの中で、メイドさんがお絵かきしてくれるのが、「オムライス」と「カプチーノ」だったので、「カプチーノ」にしたのと、

15:00のおやつということで、「ミニパフェ」を注文しました。)

あと、メイドさんとの2ショットチェキも、「500円」で撮れるとの事だったので、そちらもお願いしました。

注文を終えた僕は、一息ついて店内の様子をうかがっていたのですが、なぜか横の席にいた「5歳」ぐらいの女の子から、ガン見されていました。。

秋葉原メイド喫茶:「ぴなふぉあ(1号店)」 隣の女の子-5

(僕の存在は、そんなにモノ珍しい感じだったのだろうか・・)

(彼女の目に、僕はどのように写っていたのだろう・・・)

そんな事を妄想しながら、静かに注文した品を待つことにした。

そして、待つこと「5分」ぐらいだろうか・・

まず、「ミニパフェ」がやってきた。

可愛いデコレーションがされていたので、一枚パシャリ!!

メイドカフェ:「ぴなふぉあ」 ミニパフェ-6

(ちなみにこの店では、美味しくなる「おまじない(魔法の言葉)」は特にないようだった。。)

(バカバカしくなったのだろうか・・真相はわからないが、、、ただお願いすればやってくれる!!との事だった)

続いて「カプチーノ」もやってきて、「お絵かき、なにを描きましょうか?」と言われたので、僕の似顔絵をお願いした。

それが、コレだ!!

メイドカフェ:「ぴなふぉあ」 お絵かきカプチーノ-7

『Its The beautiful(イッツ ザ ビューティフォー)』

だが、ココである異変に気が付いた。。

「コレ、ちょっとイケメンすぎじゃね・・」

「1.5倍増し?イヤイヤ、2倍増しぐらい増されてるよなコレ・・」

「(この絵を描いてくれた)彼女の目には、こんな風に映ってたって事か?」

「こんなイケメンに?・・だったら付き合えよ!!デートしろよ!!責任とれよ!!」

なんて事を思いながら、僕はお礼を言った。

※ちなみに、このあと彼女から声を掛けてもらえる事は無かった。。

秋葉原メイドカフェ:「ぴなふぉあ」 カプチーノを飲むゆとり君-8

カプチーノを飲みながら、僕は「@ホームカフェ」の事を思い返していた。

「@ホームカフェ」は、とにかく人が混んでいて、メイドさんも行ったり・来たりで、バタバタ・ザワザワ。

店内には、チェキを撮る人向けにマイク・アナウンスが流れ、とにかく落ち着かない雰囲気だった。

それに比べると、ココ「ぴなふぉあ」は、席は大体埋まってるけど、バタバタ・ザワザワしている雰囲気はそこまで無く、居心地はわりと良かった。

秋葉原メイドカフェ:「ぴなふぉあ」 店内の空気感-9

僕と同じく一人で来ている人も多く、こんな感じで、雑誌を読む人・ゲームをしている人・マンガを読んでいる人・・・さらには寝ている人まで居たぐらいだ。

要は、「寝れる」ぐらいの空気感だったって事。

また店内には、何人か「常連」っぽい人たちが居たのだが・・

その常連の人とは、けっこう長い間立ち止まって話し込んでいるメイドさんも、ちらほら見かけた。

ということは・・

ある程度、店にかよって顔見知りになって、さらにある程度、共通のなにか趣味を持っていて、さらにさらに ある程度のコミュ力さえあれば・・

メイドさんと仲良くコミュニケーションをとることができる!!って事だ。

少なくとも、それだけの空気感とメイドさんの接客の余裕さを感じた。

(なんというか「@ホーム」みたいに、「メイドとご主人様の関係性」と「メイドのキャラ設定(永遠の17歳です。。みたいな)」が徹底されていない感じだった。)

(だからこそ、逆に好感をモテた)

「えっ、僕?」

「知ったような事言いやがってって?」

「じゃー、お前は仲良くなれたのかって?」

「・・・」

「ぴなふぉあ」のメイドと仲良くなれなかったゆとり君-1

「それは、この顔を見て察してくれ。。。」

この後、特にこの顔が「晴れる」といった事はなく、1時間が経過したので、僕は会計することにした。

会計時、僕は初めての「ご帰宅」ということで、ポイントカードを作ってもらったのだが・・

ぴなふぉあのポイントカード-2

このポイントカード、「1,000円」ごとに1ポイントずつ貯まっていき・・30ポイント貯まると「チェキ」が撮れる特典があるみたいだ。

ちなみに、「1,000円」ごとに1ポイントなのだが・・・

ぴなふぉあ ポイントをかなりサービスしてもらった。。-3

なぜか、かなりサービスしてもらった・・

(えっっえ~~~。。「2.5万円」分ぐらい、サービスしてもらってる!!)

メイドさんとキャッキャ喋りたかったけど、コミュ障すぎて喋ることができなかった僕を見て、察してくれたのだろうか・・真相は不明だが、まぁ素直に喜びたいと思う。

最後に・・・「ぴなふぉあ」に行ってみて

メイドのコトちゃんとのチェキ-1

これは、最後に「ぴなふぉあ」の「コトちゃん」と一緒に撮った写真だ。

今でも、部屋に大切に飾って、毎日「おはよう」と「お休み」のあいさつを交わしている。

  1. 最初の席案内時(システム説明時)
  2. メニューの注文時
  3. 料理の提供時
  4. チェキの撮影時
  5. 会計時

客観的に後から振り返ってみると、メイドさんとお喋りしたのは、この「5回」(全て、嫌でも会話が必要になる時)で、

おそらく全部足しても、「10分」にも満たないだろう。

残り「50分間」なにをやってたのって・・・それはご想像にお任せするよ。



秋葉原メイドカフェ:「ぴなふぉあ」 50分間なにも話さなかった男-8

ということで、じゃーな。

P.S. 「ぴなふぉあ」以外にも、人気どころのメイド喫茶に行った時のことをまとめているので、良かったら下記も見てみるといーぞ!

秋葉原にあるメイド喫茶:「おすすめランキング BEST3」のお店に、メイドカフェ初心者のコミュ障オタクが行った結果・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です