筆下ろしの意味とは?僕が20歳の時にコスプレ女子に筆下ろししてもらった過去を語る

筆下ろし経験を語る男性

どーもー、ちょうど20歳の時に晴れて童貞を卒業することができた、オタク男子の「ゆとり」でーす。

前にこんな記事を書きました。

童貞の意味とは?20歳で童貞卒業した時のセックス(エッチ)初体験談

まぁ、タイトル通り僕が童貞を卒業した時の模様が事細かく書かれているわけですが、実はこの前に、一度僕は別の女性と性的なおこないを経験しています。

まぁいわゆる「筆下ろし」というやつです。

※筆下ろしとは・・・一度も女性と性的な経験の無い童貞男が、初めて性的な経験をすることを意味します。

一般的には、セックスの最後(挿入)まで経験する「童貞卒業」と同じ意味として捉えられますが、

今回の記事では、筆下ろし=「最後(挿入)までは行かなかったけど、女性と性的な経験をした事」として、意味を定義したいと思います。

というわけで、僕が「筆下ろし」してもらったその日が、初めて母親以外の女性の裸を見て・触って、逆に僕の●●を触ってもらった日になります。

なので、正直童貞を卒業した時よりも、すごく衝撃的で、人生が変わったといっても過言ではない経験だったと思います。

(その時まで、僕は自分でオナニーすらしたことが無かったのだから)

というわけで今回の記事では、その女性との出会いから、筆おろしをしてもらった当日の模様。そしてその後について、順に紹介していくので、良かったら見ていってください。

以下、目次。

  1. 出会い編
  2. 筆下ろし当日の模様
  3. その後の彼女との関係について

出会い編 ~筆下ろしをしてもらうコスプレ女子との馴れ初め

筆下ろし相手との出会いについて-3

まずは、彼女との出会いからですね。

当時、僕は20歳。学生真っ只中で、よく学校が終わると友人と秋葉原へ遊びに行っていました。

その時に、偶然見つけて入ったのが「コスプレ居酒屋」でした。

「ちょっと、面白そうだから入ってみようぜ!そんなに高くなさそうだし」

こんな感じで、軽いノリでね。

実際入ってみると、基本的には普通の居酒屋って感じですが、店員だけが全員女性で何かしらのコスプレをしているお店でした。

(店員が席に着いたりとかも一切ない、システム的には普通の居酒屋と一緒です)

ただ、そこのお店は店員が積極的に客に話しかけてくれます。

「学生さんですか?秋葉原にはよく来るんですかー?」みたいな感じで。

そして、そこで出会ったのが、後に筆下ろしをしてもらう女性のAちゃんでした。

容姿からいうと、正直むちゃくちゃタイプな感じで、細身のすごく可愛い子でした。(当時、彼女はたしか19歳だったかな)

ただまぁ、その時は後にそういう関係になるなんて夢にも思ってなかったわけですが。

まぁ普通に、彼女とも面白おかしく話してたと思います。

んで、「また来るねー」なんて言いながら、僕たちはお店をあとにして、その日は何もなく帰宅しました。

それからまぁ、2~3か月ぐらいは普通に「客と店員の仲」だったと思います。(月1~2ぐらいで友達とその店には行ってました。)

で、何回か店に通って話してるうちに、当時流行っていた「mixi」で繋がることに成功。

ただまぁ、繋がったからといって個人的に何かやりとりする。といった事は、その時はまだありませんでした。

それから1ヶ月ぐらいしてからですかねー、その日も友達と一緒にその店に行って、彼女とも普通に話して。

そしたら、その日の夜に彼女から「mixi」で個人的なメッセージがきたのです。

「今日はありがとねー。」

みたいな感じの、他愛ない内容だったと思います。

ただ、そこから彼女とは個人的に繋がるようになり、メールアドレスGet。

そして今度一緒にご飯を食べに行く約束もこぎつけました。

「まさか」でしたね。本当に夢にも思ってなかったですから。

あんな可愛い子(しかも店員)が、僕なんかに興味を持つはずが無い。と思ってましたから。

実は、彼女が僕に興味を持ったのは、とある理由がありまして。

僕の容姿が、彼女の好きなとある声優に似てる!というのが後に判明することになります。

それについては、以下の記事にてまとめているので良かったらぜひ。

→ 神谷浩史(かみやひろし)さんのおかげで、二人の女性と付き合えた話 ~トラファルガー・ローやリヴァイ兵長等を演じる人気声優

でまぁ、初めてのデート当日です。

といっても、その日は夜に一緒にご飯を食べに行っただけですが。

プライベートで会った時の彼女は、仕事中と違いテンションが低いというか、あまり話さない感じだったので、ちょっと困惑したのですが、

そんな感じで、その日はご飯を食べて普通に「さよなら」をします。

で、帰宅後。

相手のテンションがすごい低めだったので、たぶん返信は無いだろうなと思ってたのですが、嬉しい事に返信がちゃんと帰ってきて、、

後日、また会うことを約束しました。

筆下ろしをしてもらった彼女との初デート後-9

筆下ろし当日の模様 ~二回目のデート後に思わぬチャンスが!

そして、運命の日を迎えます。

二回目のデートは、ご飯を食べたあとに、夜の公園(日比谷公園)を二人で散歩しました。

そこで、ベンチを見つけたので座り、思い切って彼女に言ってみたのです。

「キスをしてもいいかな?」

(付き合っても無いのに。。今じゃ考えられません。。w)

それに対して、彼女は了承してくれたんです。

(ちなみに、キスについては初めてではありません)

その後、いい感じの雰囲気にはなったのですが、公園を後にしてそのまま帰るつもりでした。

すると、彼女の方から

「明日夕方まで暇なんだよねー。」みたいな感じのことを言われました。(うろ覚えだけど)

それを聞いた僕は、

「コレってフラグじゃね??これはチャンスだろ!!」ってことで、思い切って彼女に言いました。

「今日、泊まりにくる?」

こうして、お泊りコースが確定しました。(ちなみに女性を泊めるのも、その時が初めてでした)

そして家に到着し、適当にちょっとTVでも一緒に観て、順番にシャワーを浴びて、あとは寝るだけ。。

ただそこまできたら、もう僕の中の「男」が黙っていません。



こうして僕は、彼女に筆下ろしをしていもらいます。

何もかもが初体験でした。

・女性の裸

・女性の匂い

・アソコを触られるという経験

・「イク」という経験

ちなみに、最後の「挿入」はなぜかダメって言われたので、厳密には童貞卒業には至っていません。

ただ、それでもその時の経験は本当に衝撃的で、この先も一生忘れる事はないでしょう。

特にそれまで「オナニー」というものを全くしたことが無かったので、(今考えるとありえないけど)

「イク」という経験が本当に衝撃的でした。(しばらく動けなかったのを覚えています)

(ソレを話したら、彼女もビックリしていましたね)

で、僕たちはそのまま眠りについて、次の日の夕方までは適当にTVとかを見て時間を潰し、夕方彼女はバイトということでお別れをしました。

その後 ~童貞卒業はできぬも、彼女の筆下ろしによって確実に人生が変わった

彼女に筆下ろしをしてもらったその後-12

僕自身は、彼女と一回目のデートをしたときから「付き合いたい!」と思っていた。

それがまぁ、二回目のデートであんなことになってしまって、ちょっとタイミングが狂ってしまったが、、

あの日以降、彼女との連絡は続いており、後日また会うことになった。

結局、その日が彼女と会う最後の日になってしまうのだが。

いつもの通り普通にご飯を食べて、「この後、どうしよっか」ってなったときに、僕は「また、泊まりにきてよ!」と誘った。

だが、彼女は「このあと、友達と約束があるから」

そう断られた僕は、(そこで引けばいいのに)しつこく泊まりに誘ってしまったんです。

当時の僕は、筆下ろしをされた時の衝撃が忘れられなくて、とにかくまたヤリたい!と強く思っていたのです。

(きっと、童貞を卒業した直後の男にありがちだとは思うが。)

で、そうこうしているうちに雰囲気がだいぶ悪くなってしまい、ちょっと後味の悪い別れ方をした気がします(たしか)

で、結局そのあと彼女からの連絡は無く、僕も彼女の働くお店に行くこともなく、関係はソレっきりになってしまいました。

そして、彼女から筆下ろしをされた日以降、

オナニーの快感を覚えてしまった僕は、毎日のようにエロ動画を見てはヌクことにハマっていく。

あれから、約7年。


今でも、1日1回はオナニーをしないと気が済まない体になっている。

あの日、たしかに僕の人生は大きく変わったのだ。

きっと僕は、あの日の事を一生忘れないだろう。

End


ここまで長々と読んでくれた方は、本当にありがとうございます。

きっとあなたは、現在進行形で「童貞」なのか、筆下ろしに興味があるのか・・・でしょう。

長年ずっと童貞で悩んでいる人。そういう人はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

→ 20歳で童貞卒業した僕が教える、彼女を作って「魔法使い」にならないようにする方法!

また、これから「筆下ろし」を狙ってる方に、一点だけ注意点があります。

それは、絶対に「風俗」には頼らないこと(特に20代は!)

その理由については、熱い思いを僕が語っているので良かったら見てみてください。

→ 素人童貞の意味とは?30代までは絶対に風俗で童貞を捨てるな!

ではまた、じゃーねー。

筆下ろしの意味や経験談をまとめ終えた男性-2

(僕も偉そうに言ってる場合じゃないんですけどね、、)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です