GWに、男一人で「サンリオピューロランド」へ行った結果・・・

どーも、ゆとりです。

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

僕は、当然の事ながら、予定なんて一切なく部屋で引きこもり生活を送っていたのですが、

さすがに、このままではダメだ、、、と、自分の中で、熱い ”なにか” が込み上げて来てですね・・・

居ても立ってもいられなくなり、気づいたらこんな形で「一人リア充」になってました。

サンリオピューロランド ゆとり君-1

サンリオピューロランド ゆとり君-2

さかのぼる事「24時間前」:引きこもり部屋で、一大決心をする

僕が、こんな事になるまでの、約1日前。

せっかくの「GW」、周りのリア充共は、どこか遠くの町へ旅行に行ったり、久々に会う友人と朝まで飲み明かしたり、彼女と温泉に入りに行ったり・・・

一方、僕自身はというと、「GW」が始まっても普段の休日となんら変わらず、1日じゅう家に引きこもって、

アニメを観るか、ニコニコ生放送を観るか、、、

「このままじゃ、ダメだ」

まるで、天からの啓示のごとく、僕の脳天を刺激し、僕を奮い立たせました。

それで、決めたのです。

「別に男一人でも良いじゃないか!」
「男一人でも、リア充的な場所へ行けば、リア充だろ」
「そう、男一人でも・・・」

そうと決まれば、話は早い!!

世界一メルヘンチックな僕だ。当然、行き先も、世界一メルヘンチックな場所でなければならない。

そう。この人がいる場所だ。

ハローキティ

行き先さえ決まれば、あとは、当日の予定決めと準備をするだけだ。

(これについては、下記の記事で)

サンリオピューロランドへ行く前に、やっておくべき事3選

いざ!!サンリオの町「京王多摩センター」へ

この日のために、僕は、前日夜の9時には就寝していた。

当然だ、普段引きこもっている奴というのは、部屋を出て太陽の光を浴びるだけでも、ものすごく体力と精神力を消耗してしまう。

それも、家族連れやカップル・学生グループといったリア充があつまる、一大テーマパークに行くのだ。

当然、いつもの倍以上の休養は不可欠である。

それに、満身創痍な状態で行ったら、「キティちゃん」にも失礼だろう。

ということで、21時には就寝し、起きたのが早朝の6時頃。

眠たい目をコスリながら準備を済ませ、いざ、サンリオの町「京王多摩センター」へ。

京王多摩センター駅

僕が到着したのは、「サンリオピューロランド」が開場する30分前の、「08:30」

この道が、「サンリオピューロランド」へと繋がる通りとなっていて、

ここから既に、他の通りとは違う「別空間」のようになっていた。

サンリオの町-1

サンリオの町-2

ちなみに、僕自信も準備万端で、

当日のファッションは、ちゃんと、マイメロディを表す「ピンク」と「白」でコーディネートしてきた。

メルヘンの聖地に行くのだ、メルヘンを表すファッションで来るのは、まぁ当然の事だろう。

マイメロディ なりきりコーデ-1

マイメロディ なりきりコーデ-1

ちなみに、このように「マイメロディのなりきりコーデ」をすることで、入場チケットが割引され、

「3800円」が、「2500円」となり、かなりオトクなのである。

→ マイメロディなりきりコーデ:割引

(期間限定)

サンリオピューロランドへ到着

サンリオピューロランド 正面

こんな感じで、通りを300mぐらい進んでいくと、ついに「ピューロランド」が見えてきた!

この中に、あの「キティちゃん」が居るんだな!!

当たり前だが、気持ちが高揚してきて、こんな感じで、ワクワク感とドキドキ感が抑えられなくなってる自分がいる。

サンリオピューロランド前のゆとり君

とりあえず、中に入って、パシッと。

サンリオピューロランド 入り口付近

ちなみに、入り口を入って真正面にあるエスカレーターを下っていくと、メインスポットである、サンリオワールドが広がっている。

サンリオピューロランド 入口付近-2

サンリオピューロランド メインストリート

早速、大人気アトラクションの「マイメロード ドライブ」に乗ってみたが・・・

マイメロード ドライブ-1

こんな感じの乗り物で、まぁ見た感じ、キッズ向けの乗り物である事はあきらかだろう。

並んでいる人も、大半が親子連れで、、、たまに、小・中学生ぐらいの女の子グループがいるぐらいだ。

マイメロード ドライブ-2

間違っても、男一人で乗る乗り物ではないのだが、この「マイメロード ドライブ」

開場と同時に入って、一番最初に目に付いたアトラクションだったのだが、なんとその時点で「30分待ち」の行列ができていた。

そんな人気なアトラクションに、乗らないほうが、むしろオカシイのである。

という事で、僕も並んでみた。

マイメロード ドライブ-3

ここから、30分間の羞恥プレイが始まった、、、

僕を見る親子連れや女子グループの心は一貫している。そう、

「なんでこの男、一人でここに並んでるの・・・気味悪い、、、」

だが、気にすることはない。

そもそも男一人で乗っちゃいけないなんて決まりは無かったし、例え、目が合ったとしても、相手は即効で、目を逸らしてくれるから大丈夫だ。

5歳ぐらいの幼児でも、僕の事をジッと見つめているのだが、僕が目を合わせると、必ず目を逸らす。

彼らは、本能的に危険を感じているのだろうか。。。

そんな感じで、生きた心地がしないまま、何とか30分が過ぎ、僕の出番がやってきた。

ただ、乗り物に乗り出発してから約1分間の間、行列で待っている人達の目線の先を、通りすごさなければならず、コレが本当に地獄だった、、、

まさに、「晒し者」だった。

誰もが、僕の事を不審者扱いするような目で注目している。

そのシーンを、ちょうど動画に撮っていたので、ぜひ観てほしい。

この時ばかりは、部屋に居るときには出る事のない汗が、大量に出てしまった、、、

リア充とは、こんなにも素晴らしいモノなのか、、、

極度の緊張でお腹が空いたので、「フードコート」へ

先程のアトラクションのおかげで、かなり精神的にも肉体的にも消耗したので、とりあえず、「フードコート」で休憩をすることにした。

朝から何も食べておらず、ちょうどお腹も空いていたので。

フードコートは、こんな感じでピンク一色となっている。

キャラクター フードコート-1

家族連れや女子学生グループが多くいる中、4人席を男一人で陣取るのも、申し訳ない気はしたが、さすがに「便所飯」は嫌なので、周りに細心の注意を払いながら、席に着く事にした。

キャラクター フードコート-2

これは、僕が頼んだ「お子様ランチ」だ。
別に25歳が、「お子様ランチ」を食べちゃいけないといった決まりはない。

注文カウンターのオバちゃんに、ちょっと冷ややかな顔をされるだけだ。
別に気にする事はない。

キャラクター フードコート-3

周りの目線を気にしながらも、完食したのだが、こんな所でまさか感謝されるとは思っていなかった。。

キャラクター フードコート-4

僕のメルヘンさが足りない、、、アレを付けなければ!

お腹を満腹に満たしたところで、僕は ”ある事” に気づいた、、、

「僕には、まだメルヘンさが足りてない」
「まだ、やるべき事があるじゃないか」
「きっと ”アレ” を付けてなかったから、僕は周りから冷ややかな目で見られ、このメルヘンワールドにて浮いていたんだ」

って事で、”アレ” を付けてみた。

サンリオ 猫耳

そう、「猫耳」だ。

これが無かったから、きっと僕は、どこか交われてなかったんだ。

これで、周りから浮く事もなく、うまく馴染む事ができるだろう。

早速、僕は、ハローキティやマイメロの「40周年」を記念する記念写真を取りにいった。

ハローキティ マイメロディ 40周年

ほらね、こんな感じで、サンリオキャラクターに囲まれても全く違和感のない感じに、仕上がるのである。

ハローキティ マイメロディ 40周年

ただなぜか、僕の後ろに並んでいた家族連れが、僕が一人で自撮り棒を使って記念写真を撮ってる様に、奇妙げな顔を覗かしていた。。。

続いて、大人気アトラクションの「サンリオキャラクターボートライド」へ

おそらく、ピューロランドで最も人気なアトラクションである「サンリオキャラクターボートライド」

ここまで来て、コレに乗らないのはありえない。

という事で、1時間近く並んで乗ってきた。

サンリオキャラクターボートライド-1

僕は、「一人」だった事もあり、スタッフから相席をお願いされた。

本当は、僕一人で「ボートライド」を満喫したかったのだが、まぁ致し方ない。

相席したのは、家族連れだ。

サンリオキャラクターボートライド-2

「ボートライド」が走行中は、サンリオのキャラクター達が、次々と歓迎してくれて、メルヘンチックで幻想的な気分にさせてくれるのだが、

なぜか、前に座る女の子が、やたらと僕の方を見てきたので、とても複雑な気分になってしまった。

彼女は本能的に、僕の事を警戒していたのだろうか・・・?

ちなみに、こんな感じでバッチリ写真を撮ってもらった。

サンリオキャラクターボートライド-3

一人だけ、あきらかに怪しい?・・・気のせいだ。

サンリオキャラクターボートライド-4



メルヘンの神様「キティちゃん」と、手を繋いできた!!

当然だが、サンリオピューロランドに来た以上、キティちゃんと2ショットを撮るのは、必要不可欠だ。

世界一メルヘンな男としても責任がある。

という事で、キティちゃんと写真が撮れる「レディキティハウス」というエリアに向かった。

「レディキティハウス」に入って、まず目に入ったのが、これだ。

レディキティハウス-1

キティちゃん御用達の乗り物という事で、僕も乗ってみた。

(僕の事を、何やら物珍しそうに見つめる子供が写ってるのだが、特に気にする必要はない、、)

レディキティハウス-2

こちらが、「レディキティハウス」の入口だ。

ちなみに、30分ぐらい待たされた。。

レディキティハウス-3

中に入って、奥の方に行くと、キティちゃんと写真が撮れる部屋があり、そこにも行列が・・・
当然、僕も並ぶ。

レディキティハウス-4

部屋に入ると、こんな感じで、キティちゃんが待っていて、順番に写真を撮る事ができる。

レディキティハウス-5

僕の番になると、すごく嬉しそうにキティちゃんが駆け寄ってくれて、その仕草に、僕は目を合わす事もできず、照れる事しかできなかった。

(さぞ、気持ち悪かっただろう。。。)

だが、そんな事など気にせず、キティちゃんは僕の手を強引に握りしめてきた。

そして、撮った写真がこちらだ。

レディキティハウス-6

二人とも、幸せに満ち満ちてるのが分かるだろう。

なぜか、待ち行列の中から、「クスクス」といった、にわかな声が聞こえたが、特に気にする必要はない。

何年ぶりだろうか、生命体と触れ合ったのは・・・

すごく心地いい温もりだった。

レディキティハウス-7

帰るまでが勝負だ!決して、「メルヘンさ」を捨ててはいけない

キティちゃんとの運命の出会いも果たせたし、僕の精神力と体力も限界を迎えていたので、僕は帰路についた。

ただ、「帰り」だからといって、気を抜いてはいけない。

せっかく、メルヘンワールドでリア充を満喫してきたんだ。

自分の部屋に辿りつくその瞬間まで、余韻に浸りたいではないか。

という事で・・・

サンリオピューロランドからの帰宅-1

男には決して外してはならないモノがあると思う・・・例え、それが周りから寒い目で見られようが・・・

サンリオピューロランドからの帰宅-2

ということで、僕の「GW」は、こうして幕を閉じた。

ここに、男一人でも、誰もが羨むリア充になれる事が証明されたのだ。

なかなか味わう事のできない羞恥心と、少年だったあの頃を取り戻せた「お子様ランチ」

周りを常に意識しなければならない緊張感と、誰もが羨むメルヘンチックなあの人との愛の誓い。

男一人でも、最高のリア充を手に入れる事ができるんだ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です