東京・渋谷で、3年間一人暮らしした僕が、住んでみて良かった事・悪かった事をまとめてみた!(マンション物件の家賃等も公開)

東京・渋谷のマンション物件で、一人暮らしで住む男性-6

東京・渋谷のマンション物件で、一人暮らしで住む男性-8

どーもー、半年前まで「渋谷」の街に住んでいた「ゆとり」でーす。

日本で最も「若者」が集まり、流行の発信地として栄えてきた街。

この地で、「3年」ほど一人暮らしをしてきた僕ですが、3年間「渋谷」に住んでみて、色々と思うところがあったので、今回ブログにまとめる事にしました。

そもそも、根っからの「オタク」である、この僕が、なぜ「渋谷」なんかのリア充や DQN が集まる街に住むことになったのか・・・

東京・渋谷で一人暮らしで住むことになったオタク男子

それは、今から約4年前。

まだ学生だった頃、当時、僕自身も周りも「就活」の真っ只中でした。

そこで、よーやく「内定」をもらった、とあるIT企業が、渋谷にあったわけです。

それで、僕は考えました。

当時は、東京の大田区・蒲田という所に住んでいて、「学生マンション」で一人暮らしをしていた頃。

当然学生マンションだったので、卒業したら出ていかなければなりません。

ということで、「あー、卒業したらどこに住もうか・・」と悩んでいる中・・

『会社が渋谷にあるんだから、もう渋谷に住めばよくね!!』

って事で、渋谷に住み始める事になるわけです。

そして、それから月日が流れる事:「3年」

3年間のあいだ、渋谷の街のありとあらゆる光景を目のあたりにしてきました。

そこで今回、渋谷で「一人暮らし」してみて、”良かった事”と ”悪かった事”を順にまとめていきたいと思います。

東京・渋谷周辺で「一人暮らし」して良かった事:5選!!

まずは、渋谷に住んでみて、”良かった事” を「5つ」にまとめたので紹介したいと思います。

  1. 「ランチやごはん所、隠れ家的カフェなど、”食”には困らない」

    渋谷を少し歩いてみると分かりますが、渋谷の街には、和食・洋食・中華から、ラーメン、タイなどの民族料理まで・・多種多様なグルメ店が存在しています。

    僕自身は、平日は会社のお弁当で済ましますし、休日は、基本的に引きこもってる事が多いので、あまり(いや、まったく)詳しくはありませんが、、、

    渋谷での一人暮らし住み:ランチやカフェについて全く詳しくない男性-1

    たま~に、休日にランチに出かける事もあります(一人)

    そんな時は、今まで行った事がない場所にチャレンジしたりするのですが、ホント隠れ家的でオシャレなお店が多いです。

    オシャレ過ぎて、逆に男一人(オタク)で行ってる僕には、居心地が良くなく、気分が悪くなってしまう程です。。

    (周りは、オシャレな20代の女性グループや、カップルしかいないような所。。。)

    また、ランチやごはん所だけじゃなく、オシャレなカフェも非常に多いです。

    僕自身は、たまに、家の近くにあった「スタバ」の「抹茶フラペチーノ」をススりに行くぐらいで、カフェ巡りとかはしなかったのですが、会社の近く(ヒカリエ付近)には、オシャレで隠れ家的なカフェがけっこうありました。

    なので、グルメ好きやカフェ巡りが趣味ー。なんて人にとっては、かなり良い環境だと思います。

  2. 「遊びやイベント事(飲み会等)・待ち合わせの地になる事が多い」

    『じゃ、明日12:00に渋谷のハチ公前で!!』

    僕は、友達がほとんど居ないので、こーいった約束は、年に2・3回あるかどうかなんですが。。

    それでも、たまーに連絡を取って、「飯食おう!」・「飲み行こう!」ってなった時は、「渋谷」になる可能性がけっこう高いです。

    また、どこか行く時の「待ち合わせ」に、とりあえず「渋谷」で待ち合わせてから一緒に行こう!!

    なんてパターンもけっこうありますしね。

    こーいった、若者の集合場所として選ばれやすい街。。ということも、「渋谷」のメリットの一つです。

    ということで、誰か僕を遊びに誘ってください。

    ハチ公前のゆとり君:渋谷での一人暮らし住みメリット-4

  3. 「交通の便が良い」

    これもかなりデカい!!

    都内であれば、どこにでもすぐに行けるし、基本「一本」で行けるし、交通の便はかなり良いでしょう。

    僕は、基本的に引きこもりなので、外に出る事はないのですが、それでも毎週のように「オタクの街:秋葉原」には行っていて、山手線一本で30分で行けるので、それもメリットの一つでした!

    秋葉原に一本で行ける:東京渋谷での一人ぐらい住みメリット-5

  4. 「コンビニが多い」

    渋谷は、若者の集まる大都会だけあって、コンビニの数もピカイチです!!

    僕の場合は、住んでいた所から、100m圏内に、「ローソン」・「セブン」・「ファミマ」と、コンビニ・よりどりみどり状態だったので、一人暮らしの身としては、非常にありがたかったです。

    「1km先に行かないと、コンビニすら無い。。」なんて笑えないですからね。

  5. 「家具や雑貨など「生活用品」にも困らない」

    こちらも非常にありがたかった。

    渋谷と言えば、若者発信の最先端の流行を追った街ということで、「アパレルショップ」や「美容院」が立ち並んでいるイメージですが・・

    まぁたしかにそうで、そーいったお店もかなり多いんですが、

    僕自身は、「床屋(とこや)で散髪 + ユニクロで季節ごとに買い物。。」

    なので、基本的に「アパレルショップ」や「美容院」は求めてませんでした。

    それよりも、自宅の近くに、「ドンキ」や「東急ハンズ」があったのが、かなり助かりましたね!!

    基本的には、「ドンキ」さえあれば、

    電球が切れても、コロコロ(掃除用具)が切れても、リモコンの電池が切れても、シャンプーが無くなっても、お皿が割れても、空気清浄器がほしくなっても、

    全て解決してくれます!!

    ドン・キホーテ有り:東京渋谷での一人暮らし住みメリット-1

    ドン・キホーテ前のゆとり君:東京渋谷での一人暮らし住みメリット-2

    あとは、カーテンや敷布団(しきぶとん)など、ちょっと「ドンキ」には無さそうな生活用品であれば、「東急ハンズ」に行けば、バッチリ解決してくれるわけです。

ということで、以上「5つ」の点が、渋谷で「一人暮らし」して良かったと思えた事でした。

さてと、、次は逆に・・

東京・渋谷周辺で「一人暮らし」して悪かった事:5選!!(マンションの家賃が高い等)

渋谷で3年間生活してみて、「うわ、マジか。。」・「も~、ありえないだろ。。」と思った事を、順に紹介していきます。

  1. 「デパートやスーパーが無いので、自炊に困る」

    僕は、このおかげで、一切「自炊」をしませんでした。。

    いちよ、炊飯器は家にはあったのですが、「3年間」一度もスイッチを押すことはありませんでした。。

    ほんっっと、近所にまったく家庭的な「スーバー」が無いんですよね。。

    ゆいつ、あったのが「デパ地下」なんですが、とにかく値段が高い。。

    とても、薄給の僕には、なかなか手が出せない値段でした。。

    なので基本的には、吉野家や松屋に行ったり、コンビニ弁当を買ったりしてましたね。

  2. 「家賃が高い」

    まぁイイ機会なので言っちゃいますが、僕が前に住んでいた所は、家賃が「8万前後」でした。

    しかも、部屋の広さが「16 m2(約10畳)」で。。

    コレ例えば、同じ家賃で「東京・八王子」だったら、「60 m2(約36畳)」の広さとか普通にありますからね。。

    まぁ、仕方ない部分もありますよ。

    渋谷駅から徒歩で来れる距離だし、マンションの建物じたいも、築「10年」経ってないし。

    エントランスもあって、オートロックだったし。。管理人は「24時間」居たし。

    たーだ、やっぱり部屋はかなり狭かったです。。(ユニットバスだったし。。)

    まぁ、おかげさまで「3年間」のうちに僕の部屋に入ったのは、僕と母親だけだったので、特に問題は無かったんだけどね。。

    家賃が高く困っている男性:渋谷での一人暮らしするデメリット

  3. 「365日、人が多いので、とにかく消耗する」

    これも住んでみて、より実感しました。。

    「ちょっと、駅まで行きたい」
    「ちょっと、近くのコンビニまで行きたい」
    「ちょっと、Tsutaya まで行きたい」

    たった、これだけの事なのに、家を一歩でも出ると、もー人がね。。

    駅なんか行こうとしたら、スムーズに歩けないレベルですよ。

    しかも、渋谷だから・・・若者・DQN・ギャル・ナンパ・キャッチ・酔っ払い・飲み会集団・サークル集団

    こんな、クソ・リア充ばっかりじゃないですか。。

    とにかく、外に出ると精神的にかなり消耗してましたね。

  4. 「争いや揉め事が多く、夜の騒音もうるさい」

    東京・渋谷での一人暮らし住みのデメリット:争いや揉め事が多い-1

    若者・DQN・ギャル・ナンパ・キャッチ・酔っ払い・飲み会集団・サークル集団

    まー、そーなりますよね。。

    深夜の「01:00」や「02:00」なのに、普通に、ギャルの笑い声や、酔っ払いの奇声や、怖い人たちの怒声が聞こえてきますから。

    特に、僕の住んでいたところは、近くに「クラブ通り」と言って、夜になると、クラブ目的の若者やDQNが集まってくる所の近くにあったので、余計に、そーいった騒音や揉め事が多かったです。

    (ちなみに、僕はクラブには行った事がありません。)

    (クラブに入ると、脅されてパンチ一丁にされたり、怪しいクスリを売られたり、殺されたりするんでしょ??)

  5. 「平穏で安らぎのある光景が全く無い」

    • 自然的な公園がない
    • 閑静な住宅街がない
    • おじいちゃん・おばあちゃんがいない
    • 子供連れがいない

    ・・・

    とにかく、生活感のあるような人達や、光景が無いんですよ。。

    ギラギラしたような人達や、光景ばっかり。。

    普通、自分の住んでる街や、最寄駅に帰ってきた時って、なんか安心感とか安堵感とかあるじゃないですか・・

    (蒲田に住んでるときは、それがあった。)

    それが、まったく無いんですよね。。

    もー、自分のマンションの自分の部屋に入った時に、よーやく安心できる。。って感じでした。

ということで以上、僕が渋谷で「一人暮らし」してみて、悪かった「5つ」の点でした。

最後に・・・渋谷に会社のオフィスがあって働いていたから「3年間」住み続けたが、もう二度と渋谷には住みたくない・・

まぁ、これが現状の「本音」ですね。

今年(2015)の春に、会社が「渋谷」から、引っ越しになったので、それに伴って、僕自身も渋谷から脱出することに。

現在も都内には居ますが、渋谷みたいに、ギラギラ・ゴミゴミした街ではなく、おじいちゃん・おばあちゃんも居て、割と「のどか」な街に住んでいます。

たぶん、もう二度とアソコに住むことは無いでしょうね。

ただ、全面的に否定しているわけではありませんよ。

上述している通り、デメリットの反面、メリットも非常に多い街です。

友達が多くて、恋人もいて、イベントごとも好きで、人が多いところが好きな・・いわゆる「リア充」な方であれば、きっと最高の地なんでしょう。

ただ、僕にとっては、ほんのちょっと違っただけです。

渋谷のマンション住みから脱出したゆとり君-4-1

渋谷のマンション一人暮らしから脱出したゆとり君-4-2

では、じゃーねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です