20歳までオナ禁して夢精を繰り返していた僕が語る、その快感や日数・オナ禁効果など

オナ禁して夢精をしていた男性-1

どーもー、20歳の時に童貞卒業するまで、自分自身では一度もオナニーをしたことが無かった「ゆとり」でーす。

童貞の意味とは?20歳で童貞卒業した時のセックス(エッチ)初体験談

「なぜ、一番性欲が強いとされる思春期にオナニーをしなかったのか?」

それについては、この後じっくりと語っていくとして、本当にまったくヤッていなかったので、必然的に性欲は「夢精」で処理されていました。

「勘違いされたくないですが、夢精をしたいと思って、オナ禁していたわけじゃないですよ!」

あくまで生理現象として「夢精」が自然におこなわれていただけです。

当時のアレが「夢精」だと知ったのも、21歳の時ですからね(たまたま友人とそういった話になって聞いた)

というわけでこの記事に辿りついたということは、「今現在、オナ禁中で夢精を経験したい!」って男性か、

または、現在進行形で夢精を繰り返していて、同じように経験している方を探している。(実体験を聞きたい!)

って方のどちらかでしょう。

後者は、中高生といった若い男子も多いはずです。

なので今回の記事では、そんな男性達に向けて僕の当時の夢精-実体験をあますことなくお伝えしていければなと思っています。

ぜひ当時の僕のように、今現在オナ禁中の方や、夢精を繰り返している男子は見ていってください。

以下、目次です。

  1. 中学生で夢精が始まり、最初はオネショと勘違いしてパンツ処理に困っていた
  2. 20歳までずっとオナ禁状態で夢精は続く
  3. 最後に・・・ニキビ面だった僕が語る、オナ禁効果とかバカバカしいから!

※夢精の仕組みとか原因とかについては以下の記事を見てね。詳しくまとめているので。

→ 夢精の意味とは?夢精してしまう原因や予防対策、病気の可能性についてまとめてみた

中学生で「夢精」が始まり、最初はオネショと勘違いしてパンツ処理に困っていた

オナ禁と夢精の始まり

正直10年以上も前の事だし、夢精をしていた時の記憶自体がかなり曖昧なのだが、おそらく中学生ぐらいから「夢精」は始まっていったと記憶しています。

性的知識に乏(とぼ)しかった僕は、最初の方はソレが「オネショ」だと勘違いしていて、非常に恥ずかしく母親にバレまいとパンツを捨てていたのを覚えています。

ただオシッコと違って、ヌルヌル感が強かったり、射精時の異常な刺激(今までに経験したことのない刺激)に正直ちょっとおかしいなとも思っていました。

「アソコに関係する病気なのだろうか?」

そんな心配をすごくしていたのだが、恥ずかしくて誰にも言えず、病院に行くのも怖かったので(アソコの病気と診断されるのが・・)、結局そのまま様子をみることに。

幸い、頻度的には多くなかったし、液体が血では無かったので自分の中で大丈夫だろうと勝手に判断していました。

「ちなみに、なぜ僕が20歳で童貞を卒業するまで一回も自分でオナニーをしなかったのか?」

「初めての経験は自分じゃ無くて好きな人がイイ」といった格好イイ理由ではありません。

単純に、アソコを触るのが怖かったんです。(きっとこの気持ちを分かる男性の方が少ないと思いますが、、)

なんというか、目にコンタクトを入れるような感覚というか、、(僕は怖くて絶対に無理です)

アソコってとてもナイーブで敏感な場所ですよね。そこを触ったり擦(こす)ったりするのが、単純に怖かったんです。

ただ、やはり周りからは理解されなかったですね。

「オナニーしたことない?絶対うそだろ!」っていう反応でした。

当時の僕からすると、「逆になんでするんだよ!」って感じでしたけど。

あとは、女性は自分でオナニーする人が少ないと思いますが、ソレと似ているのかな?

で、、当然当時は夢精を繰り返しているという事なんて、誰にも言えなかったですね。

(そもそも、ソレが「夢精」と呼ばれる性的な生理現象だということすら知らなかったですから)

そんな僕ですが、高校生ぐらいになると、定期的に繰り返していたソレ(夢精)が、「性的なモノ」だと感覚的に分かるようになってきます。

夢精の特徴として、夢の内容が性的なモノなんですよね。

毎回毎回、夢精前に見ている夢はそういった内容で、またイク時の瞬間もしっかりと自覚があります。

アソコがドックンドックンと脈打つような感覚になり、その後精液が放出される。

明らかにオシッコをする時とは異なります。

また、夢精で出る液体のヌルヌル感と、AVとかエロサイトを見ている時に勃起したアソコから出ている液体のヌルヌル感がとても似ていた事。(我慢汁と呼ばれる奴ですね)

(オナニーはしてなかったけど、AVは見てましたから)

これらの事から、夢精を繰り返しているうちに、ソレが「性的なモノ」だと認識し始めたのです。

ちなみに、夢の内容は様々ですよ。

クラスメイトとか知っている女性と性的行為をしている夢もあれば、テレビだけで知っている芸能人とそういった事をやっている夢もあれば、まったく知らない人との内容もありました。(今となっては、詳細はまったく覚えていませんが。)

あとは、夢精直後はしばらく動けない(起き上がれない)ぐらいの刺激があって、その後スッキリと目が覚めていましたね。(朝の5時とか、早朝が多かった)
慣れてくると、射精時に「またか!」って感じになってきます。

その後の、精液でビショビショになったパンツの処理がとにかく嫌でしたねー。とにかく母親にバレたくなかったので、即効風呂場に行って洗って洗濯機の中に入れたりしていました。

朝起きたらパンツ一丁だけ洗濯機の中に入ってるから、母親はきっと違和感を感じていたんだろーなー。気を使ってくれたのか何も言ってこなかったけど。(オネショだと思われてたのかな?)

(たぶん、夢精の中高生のあるあるですよね。パンツの処理はw)

20歳までずっとオナ禁状態で「夢精」は続く ~日数は1~3ヶ月に1回ほど

オナ禁状態での夢精の日数(頻度)

とまぁ、中高時代はもちろん、高校卒業後に上京してからもしばらくはずっと夢精が続きます。

ちなみに上述している通り、オナニーは一回もやってなかったですが、「エロさ」はかなりありましたからね。

思春期の頃からずっと「女性の裸」が見たいと思っていたし、中学生の頃からレンタルビデオショップのアダルトコーナーに友達と入り浸っていたし、(借りる事はできなかったけど)

自宅では、PCでエロサイトとかエロ動画をよく見てましたから。

高校に上がると、親のカードであれば、AVをレンタルできることに気づき、よくレンタルしたAVを部屋で一人で見ていました。

ちょっとココでは言えないような、かなりアブノーマルなやつもいっぱい観ていたので「変態」でもありました(かなり重度な)

なので、本当にただオナニーをしなかっただけなんですね(アソコを触るのが嫌だったから)

ちなみに夢精の頻度は、だいたい1ヶ月~3ヶ月ぐらいに1回のペースだったと思います。(ちょっと正確には覚えてないけど)

ただ、この日数はけっこう個人差があるようで、ネット上で調べてみると、2週間に1回とか、週1以上という情報もありましたね。

(正直、週1以上とか信じられないけど。。)

(その都度、パンツ処理をしなきゃいけないとか絶対やだ。。)

んでまぁ、そんな僕も上京して19の時に初めての彼女ができて、20歳の時には晴れて童貞を卒業します。

その時に、相手の女性に手でシコってもらって、口でもやってもらうのですが、それがすごい気持ち良かったんですよね。

「なんだ、さわっても平気じゃん!てか気持ちイイじゃん!」

こうして、最初はちょっと抵抗があったんですけど、徐々に自分自身でもオナニーをするようになっていきます。

そして、今までやってこなかったツケが回ってきたのか、それからは一日一回は必ずオナニーするように日課になっていき、

それから7年、今でも毎日のようにヤッているのですが、オナニーを覚えて以降、一回も夢精を経験したことはありません。(ピッタリと治まりました)

ちなみに僕が「夢精」という言葉を知るのは、まだ先のことで、21歳の時に偶然そういった会話から知ることになります。

「あぁ、アレか!!俺20歳までずっと経験してたわ!!」って、聞いた時はかなり衝撃を受けましたけどねw

以上、僕の夢精備忘録でした。

最後に・・・ニキビ面だった僕が語る、オナ禁効果とかバカバカしいから!

オナ禁効果について言いたいこと-2

最後にちょっと言っておきたいことが一つあって。

都市伝説的によく言われている事なんですが、オナニーすると髪が薄くなったり、油ぎってニキビが増えたり、顔つきが疲れ切っていくみたいな。

なので、オナ禁すると、肌のつやが増えてニキビが減ったり、抜け毛が減ったり、体力や集中力が増したり、顔つきが良くなったりする。みたいな

僕個人的には、すごいバカバカしい言説があるなーって思います。

僕自身の経験でいえば、僕は小学生高学年の頃から、ずっと油肌でニキビに悩んできたのですが、もし仮にオナ禁がニキビに効果があるのだとしたら、僕のフェイスはツルツル・スベスベじゃないとおかしいじゃないですか、、、

ちゃんと、人並み以上にスキンケアもしてましたよ。皮膚科にも行ったし、美容液とか乳液とかも使って、色々試してきましたよ。でも、ニキビは無くなるどころか増える一方でした。

あとは、

毎日のようにオナニーしてきたのに、30~40代でもハゲてない人とかいっぱい居ると思いますよ。

僕も20歳からは毎日のようにオナニー漬けでしたから、今頃ハゲ始めていてもおかしくありません。でも今のところ全然問題なさそうです。

なので、オナ禁に関する都市伝説を信じて真に受けている人は、ちょっと冷静に考えてほしいです。

(ただもしかしたら、オナ禁することで、集中力や体力が増加するのはあるかもしれないですが、、自分自身が試したことないので、そこは何とも言えません)

(オナ禁効果を実感していて絶賛している人も、ネット上にはけっこう居るみたいですしね)

ただ仮に、オナ禁する目的が、「モテたい」とか「彼女が欲しい」とかだったら、そんな事するよりさっさと新たな出会いを探して行動に移せって思います。

(街コンや婚活パーティー等たくさんの出会いの場に行って敗北してきた僕が語る、彼女を作るポイントについては以下の記事にてまとめているので、良かったらぜひ)

あとは、今回「夢精」について調べている過程で、オナ禁中に夢精をしてしまってショックを受けている男達が多数見受けられましたが、

「夢精は生理現象なんだから仕方ないだろ!」ってことです。

ちなみに専門的に言うと、夢精はオナニーに比べて精液の体外への放出量が少なく、体への負担は少ないそうですよ。

(オナニーは溜まっているすべての精液を外へ排出するが、夢精は余分な古い精子のみ外に排出するそうです)

だから気を落とす必要は無いです。

ではまた、じゃーねー。

オナ禁と夢精の体験談をまとめ終えた男性

(がんばれよ、若者達!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です