エヴァンゲリオン登場人物の名言・名セリフ集や名前の由来、誕生日まとめ~碇シンジ、綾波レイ、アスカ、葛城ミサト、渚カヲル等

エヴァンゲリオン登場人物の特徴や名言をまとめている男性-40

どーもー、先日原宿ラフォーレで開催された「エヴァンゲリオン展」に行ってきた「ゆとり」でーす。

(当日の模様については、以下にまとめています)

→ エヴァファンの僕が、エヴァンゲリオン展(スタジオカラー10周年記念イベント)に行ってきた ~庵野秀明監督の特撮博物館等も

で、、

今回の記事では、エヴァンゲリオンに登場する主要キャラクターの特徴や名言・名セリフ集。

また、誕生日や名前の由来などについても、順にまとめてみました。

(以下、今回紹介していく登場人物)

  1. 碇シンジ
  2. 綾波レイ
  3. 惣流・アスカ・ラングレー
  4. 渚カヲル
  5. 葛城ミサト
  6. 加持リョウジ
  7. 真希波・マリ・イラストリアス
  8. 碇ゲンドウ

新世紀エヴァンゲリオンの登場人物まとめ ~碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーの画像や名言、身長・誕生日など

まずは、主人公とヒロイン2人について、順にまとめていきます。

碇シンジの特徴や名言、画像・身長等 ~新世紀エヴァンゲリオンの登場人物

新世紀エヴァンゲリオンの登場人物:碇シンジの画像-1

  • 基本情報

    新世紀エヴァンゲリオンの主人公で、EVA初号機のパイロット(サードチルドレン)である。

    2015年、父の命令で、NERV本部がある第3新東京市に呼ばれて初号機の専属パイロットに命じられる。

    その後、上司である葛城ミサトと同居生活をしながら、エヴァパイロットとして使徒との死闘を繰り広げていく。

  • 誕生日(年齢)

    2001年6月6日(14歳)

    ※主要キャラクターの誕生日には、そのキャラクターを演じる声優の誕生日が設定されている。(全てでは無い)

    (シンジの誕生日も、声優:緒方恵美の誕生日(6/6)が設定されている)

  • 血液型 : A型

  • 身長 : 157cm

  • 特徴

    父親との関係(苦手、怖い、臆する)が、シンジの思考や人柄・人間関係に大きく影響していることが分かります。

    「父さん、僕はいらない子供なの?」

    自分に自信が無く、マイナス思考・悲観的な彼の特徴は、おそらく父親との関係からきているモノでしょう。

    こういった事から、僕が個人的に最も共感してしまったキャラクターでもあります。

    (以下のセリフとかも、すごい分かります)

    (いつもイヤホンで音楽を聞いている事に対して)「耳を塞ぐと心も塞がるんだ 。嫌な世界と触れ合わなくて済むからね」

  • 名言

    「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」(1話)

    「知らない天井。なんでココに居るんだろう」(2話)

    「父さん、僕はいらない子供なの?」(16話)

    (レイに対して)「自分には、自分には何も無いなんて云うなよ。別れ際にサヨナラなんて悲しいこと云うなよ」

    (カヲルに対して)「裏切ったな。僕の気持ちを裏切ったな。父さんと同じに裏切ったんだ!」

    (いつもイヤホンで音楽を聞いている事に対して)「耳を塞ぐと心も塞がるんだ 。嫌な世界と触れ合わなくて済むからね。

    嫌いな父さんがいる世界。怖い使徒やエヴァがいる世界。辛いことをやらされる世界。ダミーがあれば父さんも僕がいらない世界。僕も友達も傷つく世界。

    でもいいこともあったんだ。けど結局は壊れてしまう、嫌な世界さ。もう捨てるんだ。コレしていると父さんが僕を嫌な世界から守ってくれると思ってたんだ。僕の勝手な思い込みさ」(新劇場版 破)

  • 漫画版の碇シンジ

    「もう一度言ってみろ!前歯全部へし折ってやる!」

    TV版での彼からは、想像もできないような暴言ですが、漫画版ではこの言葉を、渚カヲルに吐いています。

    父親とも真正面からぶつかっていったりと、TV版とのキャラクター像とはかなり違ったモノとなっています。

    ストーリー的にも、個人的に最も納得のいく分かりやすい内容だったので、エヴァファンは必見です。ぜひ見てみてください。

    → 新世紀エヴァンゲリオンの漫画版(貞本義行作)とアニメ版(原作)の違いまとめ ~最終回(14巻)の結末も(ネタバレ注意)

  • 名前の由来

    シンジの名前は、「樋口真嗣」の名前から取ってきたとされている。

    ※樋口真嗣(ひぐち しんじ)とは、ローレライや日本沈没、進撃の巨人(劇場版)の監督を努めており、エヴァ作品にも「絵コンテ」と「脚本」担当で参加していた。

    (当時のガイナックス作品では、キャラクター名に制作スタッフ等の本名から採っている伝統があった)

    また、

    碇シンジの「碇」という文字は、フリーメイソン(都市伝説的な秘密結社)のシンボルマークから「神の子」という意味が、名前に意味付けされている説もある。

    (詳しくは以下)

    → エヴァンゲリオン・キャラクターの名前の由来、名前に隠された秘密

以上です。

綾波レイの特徴や名言、画像・誕生日等 ~新世紀エヴァンゲリオンの登場人物

新世紀エヴァンゲリオンの登場人物:綾波レイの画像-1

  • 基本情報

    EVA零号機のパイロットであり、過去の経歴は全て抹消されている謎の少女。

    初登場時は、零号機の起動実験の事故により重傷を負っていたため包帯姿で登場する。

  • 誕生日 : 3月30日(14歳)

  • 血液型 : 不明

  • 身長 : 不明(シンジとほぼ一緒)

  • 特徴

    寡黙で無表情、感情もほとんど表に出さないキャラだが、当初はゲンドウにのみ心を開いているように振る舞う。

    僕は、序盤のストーリーで

    シンジが勝手にレイの部屋に入って、挙句、裸を見られた上に押し倒されても、表情一つ変えずに冷静に振る舞う機械人間のような彼女が、ゲンドウのことになると感情的になる部分が、すごく好きだったのですが、

    後々、彼女の正体が明らかになっていく過程で、純粋な人間では無いことに、彼女への感情移入は冷めていきました。

  • 正体

    ストーリーが終盤になっていくにつれて、彼女の正体が明らかにされていき、彼女の正体は、

    碇ゲンドウによって作られた、「人間の器(体)に、リリスの魂が入った生命体」である。

    ※リリスについては、以下の記事にて解説しています。

    → エヴァンゲリオンの謎解説まとめ ~アダム・リリス・リリンの正体や人類補完計画、ゼーレ・ネルフ、セカンドインパクト等の全貌

    そして、綾波レイの姿形が、碇ユイ(ゲンドウの嫁)と酷似している理由は、

    過去に、碇ユイが実験中に初号機に取り込まれた際、ゲンドウらはユイをサルベージしようとしますが、結局、魂はエヴァに融合し、彼女の肉体の溶けたLCLだけが残る。

    そしてゲンドウは、このLCLをリリスに吸収させたことで、リリスからユイの肉体が生まれるようになります。(最初に生んだ時に、リリスの魂も組み込まれる)

    これが、綾波レイなのです。

    終盤に出てくる、ネルフ本部の秘密部屋にある水槽。その中に居るレイ達は、リリスから順次生まれた肉体で、魂入りのレイが死を迎えると、これらの中から、魂が移りかえられます。

    ちなみに、序盤に出てくる綾波レイは2代目であり、初代は赤木ナオコによって絞殺され、第16使徒との戦いで零号機とともに自爆したことで、以降は3代目になる。

  • 名言

    (エヴァに乗る理由について)「私には他に何も無いもの。」

    「私は人形じゃない」

    「”ありがとう” 感謝の言葉、始めての言葉。あの人にも言った事なかったのに」

    「世界が悲しみに満ちていく。虚しさは人々を包み込んでいく。孤独が人の心をむいていくのね。」

    (赤木ナオコに対して)「大きなお世話よ、バァさん」(個人的に、すごいツボったセリフです。)

    「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ」

    「山、重い山。時間をかけて変わるもの。
    空、青い空。目に見えない物。
    太陽、一つしかない物。
    水、気持ちのいい事、碇司令
    花、同じ物がいっぱい、いらない物もいっぱい
    空、赤い、赤い空。
    赤い色。赤い色は嫌い。
    流れる水。
    血。血の臭い。血を流さない女。
    赤い土から作られた人間。男と女から作られた人間。
    街。人の造り出した物。
    エヴァ。人の造りし物。
    人は何? 神様が作り出した物。人は人が作り出した物。
    私にあるものは、命、心の入れ物。
    エントリープラグ。それは魂の座。
    これは誰? これは私。私は何?
    私は自分。この物体が自分。自分を造っている形。
    目に見える私。でも私が私ではない感じ。とても変。
    体が解けていく感じ。私がわからなくなる。私の形が消えていく
    私ではない人の感じがする。誰かいるの?
    碇君。
    この人知っている、葛城三佐
    赤木博士
    みんな、クラスメイト
    二号機パイロット。
    碇司令
    あなた誰、あなた誰、あなた誰」

    「碇君、私と一つになりたい?心も体も一つになりたい?それはとてもとても気持ちのいいことなのよ」

    「都合のいい作り事で、現実の復讐をしていたのね。虚構に逃げて真実を誤魔化していたのね。それは夢じゃない。現実の埋め合わせよ」

    「他人の存在を今一度望めば、再び心の壁が全ての人々の心を引き離すわ。
    また、他人への恐怖が始まるのよ
    希望なのよ。人は互いに分かり合えるかもしれない。と言う事の。
    そして、真実は心の中に。
    そして、その新たなイメージがその人の心も形も変えていくわ。
    イメージ、想像する力が自分達の未来を、時の流れを作り出しているのよ。
    だから、見失った自分は自分の力で取り戻すのよ。
    自分の言葉を失っても、他人の言葉に取り込まれても。
    自らの心で自分自身をイメージできれば誰もが人の形に戻れるわ」

  • 名前の由来

  • 綾波は、大日本帝国海軍軍艦の「綾波」から取られており、

    ※庵野監督が戦艦マニアだったことから、綾波だけじゃなくて、他のキャラクターの名前も戦艦から取ってきているモノが多々あります。

    また、「レイ」は、セーラームーンの火野レイから取られてるらしいです。

    (庵野監督は、一時期同人誌を集めるほどに「美少女戦士セーラームーン」にハマっていたそう)

以上です。

惣流・アスカ・ラングレーの特徴や名言、身長・誕生日等 ~新世紀エヴァンゲリオンの登場人物

新世紀エヴァンゲリオンの登場人物:惣流・アスカ・ラングレー-1

  • 基本情報

    弐号機パイロットで、セカンドチルドレン。

    本編の中盤にて、ドイツネルフ支部から日本の本部へとやってくる。

    プライドが高く、負けず嫌いな性格で、非常に高飛車で自己中心的な性格である。

    EVAパイロットであることに誇りを持っているが、ストーリーが終盤になっておくと、使徒に敗北して自信を喪失していくと同時に、過去のトラウマも明らかになっていき、鬱的で不安定な状態になっていく。

  • 誕生日 : 2001年12月4日(14歳)

  • 血液型 : A型

  • 身長 : 157cm

  • 過去

    アスカは、一見 彼女のキャラクターからは想像もつかないような、残酷で壮絶な幼少期をおくってきている(以下詳細)

    アスカがまだ幼少期の頃、母親がEVAの実験において魂を弐号機に取り込まれ精神崩壊を起こしてしまい、以降、人形をアスカと思い込んでアスカ本人を全く認識できなくなる。

    アスカは、そんな母親を振り向かせようと様々な努力を重ねるも報われず、弐号機の専属パイロットに選ばれたその日に、母親は人形もろとも無理心中してしまう。

    しかも、その現場を生で目撃してしまったアスカは、そのことがトラウマとなってしまい、それを忘れるために現在の人格を作り出している。

    (ちなみに、このアスカの過去設定(母に棄てられる and 母は代わりに人形を愛する)は、宮崎駿の「風の谷のナウシカ(原作版)」からきている。)

    (ファンの間では有名ですが、ナウシカは劇場版と原作では、まったく内容も規模も深さも異なっている作品です。ナウシカ好きで原作をまだ読んでない方は、ガチで読むことをおすすめします。)

  • 名言

    「あんた、バカァ?」

    「嫌い!嫌い!みんな嫌い!大っキライ!」

    「独りはイヤァァァッ!」

    「生き物は生き物食べて、生きてんのよ。せっかくの命は、全部漏れなく食べ尽くしなさいよ!」

    「死ぬのは嫌、死ぬのは嫌、死ぬのは嫌」

    「ミサトも嫌。シンジも嫌。ファーストはもっと嫌。パパも嫌。ママも嫌。でも自分が一番嫌!もぉぉ嫌。がまんできない!」

    「ママ!ママ!お願いだから、ママをやめないで!ママ、ママ!お願いだから、私を殺さないで!」

  • 名前の由来

    本名:「惣流・アスカ・ラングレー」

    惣流は、正規 航空母艦の「蒼龍」から取られており、日本海軍第二航空戦隊で姉妹艦:「飛龍」とともに使われていたそうです。

    また、「ラングレー」は、アメリカ軍の航空母艦:「ラングレー」からで、

    「アスカ」という名前は、母親のキョウコ(今日)、アスカ(明日)っていう、言葉遊びだったとか。

    ちなみに、

    新劇場版では、「式波・アスカ・ラングレー」に名称変更されているんですが、

    「式波」とは、帝国海軍の吹雪型駆逐艦の「敷波」から。

    変更された理由については、「新世紀エヴァンゲリオン・完全補完文書(書籍)」によると、蒼龍の運命がアスカにも当てはまる部分が多いということでTV版・旧劇場版では使われていましたが、

    新劇場版でのアスカの運命等が、「蒼龍」よりも「敷波」の方が近いという事で変更されたんだとか。

    (詳細は、上記の書籍を読んでいないので分からないですが、そうゆう事らしいです。)

    まぁ、ストーリー的な意味合いは特に無い模様。

以上です。

続いて・・

エヴァンゲリオンの登場人物(キャラクター)まとめ ~渚カヲル、葛城ミサト、真希波マリ、碇ゲンドウ等の画像や名言・名セリフ集

まずは、

渚カヲルの特徴や名言、画像・誕生日等

新世紀エヴァンゲリオンの登場人物:渚カヲルの画像-1

  • 基本情報

    ゼーレにより、5thチルドレンとしてネルフに送り込まれた少年で、生年月日以外の個人データは全て削除されており謎が多い。

    その正体は、「アダムの魂」を宿すモノで、第17の使徒であった。(最後の使徒)

    2号機を操って、ネルフの最深部:セントラルドグマまで辿りつくも、そこに眠っている生命体がアダムでは無くリリスであることを知り、最終的に同意の上で、初号機に握り殺される。

  • 誕生日 : 2000年9月13日(セカンドインパクトの発生と同日)、14歳。

  • 血液型 : 不明

  • 身長 : 不明

  • 名言

    渚カヲルのセリフは、達観しているかのような名言が多い。

    「つねに人間は心に痛みを感じている。心が痛がりだから、生きるのもつらいと感じる。ガラスのように繊細だね。特に君の心は」(24話)

    「生と死は、僕にとって等価値なんだよ」

    「人の運命(さだめ)か。人の希望は悲しみにつづられているね」

    「歌はいいねぇ、歌は心を潤してくれる。リリンが生み出した文化の極みだよ」

    「僕は、君に逢うために生まれてきたのかもしれない」

    「怖いのかい?人と触れ合うのが。
    他人を知らなければ裏切られる事も、互いに傷付く事もない。
    でも、寂しさを忘れる事もないよ。
    人間は寂しさを永久に無くす事は出来ない。人は一人だからね。
    ただ忘れる事が出来るから、人は生きて行けるのさ」

  • 名前の由来

    渚は、「シ」「者」に分けることができ、使者(あるいは死者)を意味していることが分かる。

    (ゼーレからの使者であり、最終的に初号機に殺される運命にあった死者という意味。)

  • その他

    渚カヲルは、庵野監督と、プライベートでも親交のある「美少女戦士セーラームーン」の主要スタッフである「幾原邦彦」をモデルとしている。

    また、

    (カヲルとは関係ないが、)セーラームーンの劇場版第1作に、緒方恵美が地場 衛(ちば まもる)の少年時代の役で出演しているのを観て、彼女をシンジ役に抜擢したと言われている。

以上です。

葛城ミサトの特徴や名言、画像・身長等 ~エヴァンゲリオンの登場人物

エヴァンゲリオンのキャラクター:葛城ミサト-1

  • 基本情報

    ネルフの戦術作戦部作戦局第一課所属で階級は一尉(いちい)で、作戦部長と呼ばれ、物語中盤で三佐に昇進する。

    仕事上では非常に有能で、判断力・行動力ともに高く、彼女無しでは使徒を殲滅できなかった場面が多々ある。

    だが、私生活においては、非常にガサツでダラシナイ面が多い。(シンジ・アスカと同居している)

    また、

    14歳の時に父親が隊長を務める葛城調査隊と南極まで同行した際、セカンドインパクトに遭遇。

    南極に残っていた者の中でただ1人の生存者となったが(父親も死亡)、その時の精神的外傷から一時心を閉ざし、2年近く失声症(しっせいしょう)の時期があった。
    また、その際に負った傷痕が彼女の胸部から腹部にかけて残っている。

    ※失声症 : 声を発する事ができない病気。

    このように、過去には壮絶な経験をしている女性である。

  • 誕生日 : 1986年12月8日(29歳)

  • 血液型 : A型

  • 身長 : 163cm

  • 名言

    「今の自分が絶対じゃないわ。あとで間違いに気付き後悔する。私はその繰り返しだった。ぬか喜びと自己嫌悪を重ねるだけ。でもその度に前に進めた気がする」

    「奇跡を待つより、捨て身の努力よ!」

    「こんな時だけ女の子にすがって、逃げて誤魔化して・・・中途半端が一番悪いわよ!」

    「サービス、サービス~(予告編)」

    「あら、希望的観測は人が生きていくための必需品よ」

    「この世界はあなたの知らない面白い事で、満ち満ちているわよ。楽しみなさい」

    「風呂は命の洗濯よ」

  • 名前の由来

    名字は、大日本帝国海軍雲龍型(うんりゅうがた)航空母艦三番艦:「葛城」から取られており、

    名前の「ミサト」は、漫画:「あいつ」の「泉 みさと」から来ている。

以上です。

加持リョウジの特徴や名言、画像・名前の由来等 ~エヴァンゲリオンのキャラクター

エヴァンゲリオンのキャラクター:加持リョウジ-1

  • 基本情報

    当初は、ドイツ支部にてアスカの保護責任者を務めていたが、アスカが来日した同じタイミングで、加持も来日し、ネルフ本部の特殊監査部に配属される。

    だが、その裏ではネルフの内偵スパイであり、日本政府・内務省調査部にも所属している。

    スパイとしての彼の役割は、ゼーレからの派遣でゲンドウが裏切らないように見張る役割。

    ただその一方で、ゼーレには秘密裏に、ゲンドウとも繋がっており、「アダムの幼児」を渡したりしている。

    また、

    プライベートでは、ミサトやリツコとは大学時代からの友人であり、ミサトとは過去に恋人関係でもあった。

    そして、NERV施設内の農場にてスイカを育てている一面も。

  • 誕生日 : 不明

  • 血液型 : 不明

  • 身長 : 不明

  • 名言

    今回、加持リョウジを紹介した理由は、彼のセリフは非常に示唆に富んでいる名言が多かったからです。(個人的には、登場人物の中で一番名言が多いと思っている)

    「自分で考え、自分で決めろ。後悔のないようにな」

    「真実は、君と共にある。迷わず進んでくれ」

    「大人はさ、ズルイぐらいがちょうどいいんだ」

    「情欲に溺れている方が、人間としてリアルだ」

    「出会いには理由はなくても、別れには理由があるってことだな」

    「彼女とは、”はるか彼方の女” と書く。とうてい男には理解できない生き物なのさ」

    「生きるって事は、変わるって事さ」

    「シンジ君。俺はここで水を撒くことしか出来ない。だが君には君にしか出来ない、君になら出来ることがあるはずだ。誰も君に強要はしない。自分で考え、自分で決めろ。自分が今何をすべきなのか。まぁ、後悔のないようにな」

    「それは違うな。分かった気がするだけさ。人は他人を完全には理解出来ない。自分自身だって怪しいものさ。100%理解しあうのは不可能なんだよ。まぁ、だからこそ人は自分を・他人を知ろうと努力する。だから面白いんだな、人生は」

    (加持の農場にて)「俺の趣味(農業)さ。何かを作る、何かを育てるってのはいいぞ。色んなことが見えるし、分かってくる。楽しい事とかな」(新劇場版:破)

    「それもいいさ。けど、辛いことを知ってる人間の方が、それだけ人に優しくできる。それは弱さとは違うからな」(新劇場版:破)

  • 名前の由来

    「リョウジ」という名前は、「愛と幻想のファシズム」って作品に登場する山岸良治から取っている。

以上です。

真希波・マリ・イラストリアスの特徴や名言、画像・名前の由来等 ~エヴァンゲリオンのキャラクター

エヴァンゲリオン新劇場版のキャラクター:真希波・マリ・イラストリアス-1

  • 基本情報

    新劇場版の「破」から登場する新キャラクターで、EVA仮設5号機と8号機のパイロットである。

    当初は、イギリス出身でネルフのユーロ支部所属だったが、のちに来日してネルフ本部にやってくる。

    使徒との戦闘に対して興奮や高揚感を覚えるなど、普通ではない人格を持っていて、加持からは「問題児」と言われている。

  • 誕生日 : 不明

  • 血液型 : 不明

  • 身長 : 不明

  • 正体

    新劇場版の「Q」にて、冬月が持っていた昔の写真に「マリ似のメガネ女性」が写っていた事から、ネット上ではある噂がたちだす。

    「マリは、ユイ(シンジの母親)やゲンドウと同世代の人物だったんじゃないか・・・」

    上記の写真以外にも、ソレを裏付ける描写は多数あって、

    ・綾波レイのオリジナル(ユイ)の存在を知っているかのような発言
    ・碇ゲンドウの事を、「ゲンドウ君」と呼ぶ。
    ・「エヴァの呪縛」の設定によって、パイロットの実年齢が不明瞭になった。
    ・エヴァの「裏コード」を知っていた。(過去に、エヴァの研究者だったから?)

    さらに、「新世紀エヴァンゲリオン」の漫画版最終巻(番外編)にて、ユイが大学時代の話が、マリ視点で描かれており、マリの大学時代にユイが先輩だったこと、同じ冬月教授の教え子であったこと、ゲンドウのことを「ゲンドウくん」と呼んでいた事などが明らかになっている。

  • 名言

    「君、いい匂い、LCLの香りがするけど、、面白いね。じゃ、このことは他言無用ね、ネルフのワンコ君!」

  • 名前の由来

    本名 : 真希波・マリ・イラストリアス

    「真希波」は、旧日本海軍の駆逐艦:「巻波」からきており、

    「マリ」は、勇者ライディーンに登場する「桜野マリ」から。

    そして、「イラストリアス」は、英国海軍の艦艇の名前からきている。

以上です。

碇ゲンドウの特徴や名言、画像・真の狙い等 ~エヴァンゲリオンのキャラクター

エヴァンゲリオンのキャラクター:碇ゲンドウ-1

  • 基本情報

    主人公:シンジの父親で、ネルフ本部の最高司令官である。

    ネルフに来る前、1999年当時には京都で生活していたが、彼の素性は不明で、悪い噂が絶えない人物だったという。

    その当時、傷害事件を起こし警察に留置された際に、京都の大学で教授をしていた冬月を身元引受人に指定し初対面を果たす。

    そして、その頃に赤木ナオコやユイと知り合って、ユイとは恋人関係になる。(のちに結婚、シンジを産む。)

  • 誕生日 : 不明

  • 血液型 : 不明

  • 身長 : 不明

  • 真の狙い

    新世紀エヴァンゲリオンのストーリー最大の謎である「人類補完計画」

    ゼーレの目的も、ゲンドウの目的も、この計画の遂行が真の狙いになります。

    ただ、ゲンドウはユイ(嫁)を亡くした事をキッカケに、ゼーレの考える計画とは別の計画を考え秘密裏に進めていきます。

    それは、”ゲンドウ自身が人類の神となり、ユイと共に未来永劫一緒に生きていく。”

    これが、ゲンドウの考える「人類補完計画」で、真の目的となります。

    ※「人類補完計画」について、もっと詳細にゼーレの考える内容とゲンドウの考える内容を、以下の記事にまとめたので、良かったら確認してみてください。

    → 新世紀エヴァンゲリオンのTVアニメ版+旧劇場版映画「Air/まごころを、君に」のあらすじや25話・最終回等の謎解説&考察

  • 名言

    「自分の願望は、あらゆる犠牲を払い、自分の力で実現させるものだ。他人から与えられるものではない」

    「人は思い出を忘れる事で生きていける」

    「所詮、人間の敵は人間だよ」

    「時計の針は元には戻らない。だが自らの手で進めることはできる」(22話)

  • 名前の由来

    情報なし。

    (ゲンドウって、どこから来たんだろう?)

以上、エヴァンゲリオンに登場する主要キャラクターの特徴や名言等のまとめでした。

※今回参考にしたソース

新世紀エヴァンゲリオン名言・名台詞

ではまた、じゃーねー。

エヴァンゲリオン登場人物の特徴や名言をまとめ終えた男性-3

エヴァンゲリオン登場人物の名言・名セリフ集や名前の由来、誕生日まとめ~碇シンジ、綾波レイ、アスカ、葛城ミサト、渚カヲル等」への1件のフィードバック

  1. エヴァンゲリオンの名言で一番気に入ったセリフは
    葛城ミサトさんのサービスサービスです。もう1つはビールを飲んだ時に言ったセリフです。この二つは一番気に入ってます❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です