300bar(スリーハンドレッドバー)の銀座3店舗で出会い・ナンパした結果

銀座の300bar(スリーハンドレッドバー)に行ってきた男性

どーもー、先日秋葉原の相席屋に行ったらヒドイ目にあった「ゆとり」でーす。

相席屋秋葉原店にオタクが行ったら爆弾女性に暴言を吐かれた話

今回は、そんな婚活中の僕が銀座にある有名なバー:「300bar(スリーハンドレッドバー)」に行ってきた時の模様を順にお送りするわけですが、

「皆さんはご存知ですか、300bar」

1ドリンク300円で注文できるところから、そう名前が付けられ(たぶんw)

1992年にオープンした、日本最古の立ち飲みバーとのことです。

と、これだけだったら単なる「立ち飲みバー」ってことで、他と変わらないのですが、ここが有名になったのは「出会いのスポット」として有名だからです。

立ち飲みなので、お客さんは基本自由に店内を移動できるのですが、そこらじゅうで「ナンパ」がおこなわれているのです。

そして、「出会いのコスパ」がとにかく良いと。

男性でも、1000円あれば無制限に店内に居続けることができます。

最初に、300円のチケット(1ドリンク分)×3枚を購入することで、入場ができます(ちなみに、女性は2枚で入場できる模様)

というわけで、金銭的にも気軽に立ち寄れることが特徴な、出会い(ナンパ)スポットなわけです。

僕自身最近まで、この「300bar」をまったく知らなかったのですが、(というか、銀座自体滅多にいくこと無いし)

友人に誘われたことで、初めて知りました。

現在、銀座にはこの300barが、3店舗もあるらしく、

・銀座5丁目店
・銀座8丁目店
・NEXT店

今回、これら3店舗すべてを一通り巡ってみようと。そういうわけで、当日の模様を順にまとめていきたいと思います。

以下、目次。

  1. 週末のピーク時に、銀座の300barにナンパしに行ったらヤバかった、、
  2. リベンジ!平日に再度ナンパしに行った結果
  3. 最後に・・・スリーハンドレッドバーで出会った女性とのその後

週末のピーク時に、銀座の300bar(スリーハンドレッドバー)にナンパしに行ったらヤバかった、、

新橋駅前の男性-1

というわけで、新橋駅に到着です。日時は土曜日の21:30

(実はこの前に、友人と「東京湾納涼船」に乗ってきてからの新橋です。詳しくは以下)

東京湾納涼船に出会いを探しに行った結果 ~ナンパ禁止の口コミは本当?

(納涼船も、出会いスポットとしてはオススメですよ。)

で、、

まず行くのが300barの銀座8丁目店です。

8丁目店は、新橋駅から歩いて5分ぐらいの近場にある場所です。

というわけでさっそく行ってみると、「300」の看板を発見!!

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)の8丁目店舗前-1

お店は地下になります。

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)の8丁目店舗入口-3

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)の8丁目店舗入口-4

今回行った時は、この階段に列ができるほど混んでましたね(男性の列)(女性はすぐに入れるようでした)

とりあえず、その列をスルーして店内を覗きに行ってみると、とにかくものすごい混み具合でした(歩けないレベル)

男女比で言うと、男性が圧倒的に多く、イケイケのギラギラした人達がたくさん居ました。(イケメンからDQNっぽい人まで。ギャルも)

300barのいたるところでナンパが繰り広げられており、まさにカオス状態です。。

銀座300円バーの8丁目店に出会い・ナンパを求めている男女-13

(こんな感じの混み具合)

そして、店内には音楽が掛かっているのですが、それがまたものすごい大音量でもうクラブのような状態。。

実際、奥にDJがいて音楽を掛けていました。

銀座300円バーの8丁目店のDJコーナー-14

「もうクラブと変わらないじゃん!」

ただ、クラブと比較すると店内はかなり狭くキャパは50~70ほど。なので余計にカオス状態って感じでした。

んで、これは無理だわ。。ってことで店を後にすることに。(人が多くて大音量のところは苦手なんですよね。。音がうるさすぎてゆっくり話すこともできませんから、、)

ただ、クラブナンパやあのノリが好きな人は行っても楽しめると思います。

んで、次に行ったのが300barのネクスト店。

8丁目店からは、歩いて5分くらいのところです。

8丁目店を出たところの「コリドー通り」って呼ばれる道をずっと歩いていくのですが、ここの通りがまたすごいんですよね。

銀座300円バー前のコリドー通り(ナンパ通り)-3

銀座300円バー前のコリドー通り(ナンパ通り)-1

ここの通りの両側にはオシャレなBARや飲み屋が軒を連ねており、300Barのようなスタンディングバーも数多くあるようでした。(とにかくギラギラしている通りです)

そして、通りに面したテラス席のある店も多く、そこの人だかりだったり通行人だったりが、普通にナンパをしているんですよね。(通る人・通る人にとにかく声を掛けている感じ)

まさに、「ナンパ通り」だなって思いました。

あのあとネットで調べてみたら、ここの通り自体がナンパのスポットとして有名なようでした。

たしかに本当にすごかったです、あんなナンパの激しい通り、他に無いんじゃないかなー?ほんと「祭り」でした。

まぁそんな感じで、コリドー通りを抜けて高架下を渡ったすぐにあるところが300barのネクスト店です。

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)ネクスト店舗前-1

以下のビルです。「300」って看板が見えますね。

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)ネクスト店舗前-2

ネクスト店も地下にあり、階段で降りていくんですが、こちらも男性が列をなして並んでいます。。

「こっちもダメだな(さっきと同じ状態だろうな)」

こうして今度は店内を覗くこともなく、僕と友人は新橋駅の方に戻ることに。

「たぶん、週末の夜はいつもこんな感じなんだろうなー。」

「だから、今度平日にまた行ってみない?」

「平日だとまだ混雑具合も緩和しそうだし、DJもやってないかも。」

ちなみに、週末は朝の04:00まで営業しているようです(平日は、02:00まで)

ということで、日を改めて今度は平日にまた行く事にしました。

リベンジ!銀座の300barに出会いを求めナンパしに行った結果

新橋駅前の男性-1

というわけで、改めて平日月曜日の19:00頃、新橋駅前です。

この日は仕事帰りでお腹が減っていたので、なにか飯を食ってから300barへ行く事に。

駅前に「吉野家」があったので、そこに入り腹を満たして準備は万全です。

(300barは、バーなので食べ物があまり無さそうだったのと、料金的に少し高そうだったので、外で安く済ませました)

実際には、ポテト、スナック、ホットドック、ピザ、ハンバーグ、チキン、スイーツなどのフードメニューがあるようです(料金は分からないけど)

※ただ、平日でも21:00以降はカウンターに列ができるほど混んでくるので、外で食べて行った方が無難でしょう。

というわけで、まずは前回も最初に行った300barの8丁目店へ。

銀座300バーに出会い・ナンパを求めた男性-2

時間は、19:20頃。

今回はすんなりと入ることができ、店内も以下のように閑散としていた。

銀座300バー8丁目店舗に出会い・ナンパを求めた男性達-6

最初はガチで男しかおらず、人数も10人程。

300barは21:00以降から混みだすという口コミが多かったが、本当にその通りだ。

店内に入ると、受付でまずはドリンクチケットの購入をしなければならない。

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)のドリンクチケット-5

1枚:300円 × 3枚で、約1000円。これで入ることができます。

※ちなみにチケットを持っている人は、そのまま入ることができる。前回の残りだったり、別の2店舗でも同じチケットで入場が可能。

土曜日に行った時とは違い、音量も若干デカいが、声を張れば普通に会話する事ができた。(DJの機材もしまわれていた)

男性は基本スーツが多いが、私服もチラホラといて、DQN系の人達もいた。

そして、ようやく女性二人組が1組・2組とやってくるが、最初だからか誰もまだ声を掛けない。(僕たちも様子見で声をかけずにいた)

しばらくそんな均衡状態が続いたが、新たにやってきたリーマン2人組によってナンパされ、ようやく流れが変わった。

続けざまに僕たちも1組の女性達に声を掛ける。

その二人組は、21と28歳で同じバイト先だという(お菓子を作っているそうだ)

若い方は可愛かったので出来れば連絡先を交換したかったが、あっちの反応が微妙だったので、あえなく終了。

その後、女性も増えていかなかったので、次の店舗に行く事に。

ちなみに、会話した女性たちは何度か来たことがあるらしく、聞いてみたらDJタイムは週末だけっぽい。店舗も「8丁目店」だけのようです。



続いて、コリドー通りを抜けて300barのネクスト店へ。

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)ネクスト店の看板-3

時間は、20:30頃。

前回は地下(入口)に続く階段に列ができるほど混んでいたが、今回はすんなりと入ることができ、店内もガランとしていた。

銀座300バー・ネクストに出会い・ナンパを求めた男女-4

ネクスト店は、8丁目店よりも若干広く感じ、照明も薄暗く音量も静かで落ち着く雰囲気のところだった。(個人的にはこっちの方が気にいった)

キャパは、60~80人ぐらい(8丁目店はキャパ:50~70ほど)

男女比は、7-3ぐらいで8丁目店よりも女性がいた。

また海外の人も多く(黒人や白人)、積極的に女性に話しかけていた。

おかげで女性は埋まっていて、とりあえず僕たちは女性が空くのを待つことにした。

そんな中、一人の男性が僕に話しかけてきた。

「300barよく来るんですか?」

別に男性と話すつもりは無かったが、まぁせっかく話しかけてくれたので、会話を続けてみると

彼は31歳。IT系のヘルプデスクをやっているとのこと(僕と同じ業界だ)

そして、300barにはたまに来るらしく、やはりいつも男性の方がかなり多いらしい(8-2ぐらい)

今日も仕事終わりに一人でフラッと寄ってみたとのことだ。

(8丁目店もそうだが、この時間帯は一人で来ている客もけっこういた。女性も。)

(店員と楽しそうに話していたので、だいたい常連っぽかったが。)

(ただ、女性は基本2人組なので、やはり2人以上で参加する方が良いだろう)

で、、

気になっていた二人組の女性が空いたので、男性との会話を適当に切り上げ、すぐに話しかけに行った。

最初は反応が若干薄かったが、徐々に打ち解けていくことができ、一人は家庭科の高校教師、一人はジュエリーショップの販売をしているとのこと。

23歳で高校の同級生らしい。ちなみにどちらも可愛かった。

たぶん一時間ぐらいは話したんじゃないだろうか。会話もけっこう盛り上がってたと思う。

そして、時間は22:00前。二人はそろそろ帰るというので、そこで連絡先を交換して、彼女たちと離れた。

そして、300barの5丁目店にも行ってみたかったので、僕たちもすぐにネクスト店を出る事に。



5丁目店だけは若干離れており、銀座の中心地の方まで行かないといけません。

まぁ、歩いて10分ほどですが。

そして、

銀座300円バー5丁目店舗前-7

「300BAR」の看板を発見。

銀座300円バー5丁目店舗の看板-8

5丁目店も地下になります。

銀座300円バー5丁目店舗の入口-9

時間は、22:10

店内はだいぶ混んでいて、バーカウンターに列ができるほどでした。

(やはり、21:00頃から混んでくるんですね)

また、3店舗の中でキャパは一番少ないと感じました。40~60ほどかな。

銀座300円バー5丁目店舗に出会い・ナンパを求めた男女-12

僕が行った時は、男女比は6-4ぐらいで女性もけっこう居たのですが、とにかくナンパがすごくて、女性はほぼ埋まっていました。

ちょっとでも女性がフリーだと見ると、そっこうで誰かしらが声を掛けに行くレベル。

21:00頃から人も混んでくるが、こうしたイケイケのナンパ男性も増えていく模様。(ただ、イケメン度はそこまで高くない人が多い)

また、ここでも先程と同様に男性が話しかけてきた。

「300bar、よく来るんですか?」

「他の店舗はどんな感じでした?」

みたいに、近くの男性もけっこう話しかけてくるようだ。

結局、気になっている女性が空きそうにないので、この店では1回も女性に話しかけずに30分ほどで店を出る事に。



そしてラスト、最初に行った300barの8丁目店に戻ることにした。

銀座300バーに出会い・ナンパを求めた男性-2

時間は22:50。

店内に入ってみると、さっきとは大違いに混んでいた。

銀座300バー(スリーハンドレッドバー)8丁目店の男女-11

ドリンクカウンターには列ができていて、店内は若干歩きづらいレベル(前回の土曜ほどでは無いが)

が、相変わらず男女比は8-2ぐらいで、男性過多。

とにかくナンパがすごくて基本女性は埋まっていた。。

んで、しばらく女性が空くのを狙って待機していたのだが、どうやら空きそうにない。。ということで、30分ほどで300barを後にした。

時間は23:20。

「長い時間、よく頑張った!」(4時間いて、たった1組しか連絡先をゲットできなかったけど)

こうして、僕たちは新橋駅で別れて家路へとついた。

以下、簡単な総括。

  • 当然だが、座るところが無くずっと立ちっぱなので疲れる
  • 男性は20~30代のスーツ&サラリーマンが中心。イケメンはあまり多く無いが、ナンパ慣れした人が多い
  • 女性は20代が中心(30代っぽい人もチラホラいたが)、OLまたはフリーターがほとんど
  • ネットの評判・口コミ通り、男女比は男性が圧倒的に多い。「8-2」
  • スタッフはほぼ男性でイケメンかDQN系の人(刺青をいれた人も)。女性店員で加藤ミリヤに似ている人が、
  • コリドー通りの、HUBや333barにも機会があったら行ってみたい(300barと同じような感じなのか?)

以上です。

最後に・・・300bar(スリーハンドレッドバー)で出会った女性とのその後

というわけで、今回、唯一連絡先を交換できた二人組の女性とは、その後どうなったのか・・

僕は、あの日の夜帰宅してからすぐに彼女たちにラインを送った。

【一人目】
銀座300バーでナンパした女性とのライン-2

【二人目】
銀座300バーでナンパした女性とのライン-1

というわけで、

一人は既読無視。

一人は遠回しの拒否。

「はぁ~、、」

300barで出会った女性にフラれた男性

ってなわけで、僕はもう二度と「300bar」に行く事は無いだろう。



ここまで読んでくれている方は、きっと僕と同じように「彼女が欲しい」&「彼氏が欲しい」って人がほとんどではないでしょうか?

で、これまでに僕自身色々と恋活&婚活をしてきたわけですが、その中で特におすすめしたいのは、「ネット(アプリ)」を利用する方法ですね。

特に最近流行っている、「ペアーズ」や「マッチドットコム」といったマッチングアプリ。

女性は無料だし、男性も定額(3000円とか)で多くの異性にアプローチできるので、個人的には一番おすすめな恋活です。

興味のある方は、ぜひ以下を参考にしてみてください。

→ 恋活アプリ・サイトのおすすめランキングBEST3 ~口コミや感想まとめ

また、恋活ではなくもっと真剣に結婚を前提とした「婚活中」の方は、以下がおすすめです。

→ 婚活お見合いサイト・アプリのおすすめ比較ランキング:3選を使ったオタク男性のネット恋活体験談~口コミ評判や、無料のモノも

以上、

最後に、ここまで読んでる方に一言だけ言っておきたいことがあります(女性)

「僕じゃダメですか?」

もし少しでも興味を持ってくれたなら、ぜひメールなりツイッターのDMなりで連絡くれると泣いて喜びます。

銀座の300barでナンパしてきた男性

ではまた、じゃーねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です